アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2014年10月9日

今日マチ子『いちご戦争』

machiko_kyo
Image from @machikomemo

みなさんは、最近出版された『いちご戦争』(河出書房新社)という作品集が、原画の描かれたモレスキンに近づけて書籍化されたということを知っていますか?

角の丸いページ。クリーム色の紙。ページの中には時々、インクが濃く染み込んで裏写りしている様子も再現されており、ページを超えた物語の一部になっています。まるで、作者・今日マチ子さんのポケットサイズのモレスキンを覗かせてもらっているかのよう・・・。今日マチ子さんは、2004年からほぼ毎日更新される1ページ漫画『今日マチ子のセンネン画報』の作家としてよく知られています。今回の『いちご戦争』では、2012年より連載している、お菓子と少女たちの戦争をテーマにした作品がまとめられました。

「・・・「センネン画報」は一枚ずつ紙に描くという通常のスタイルでしたが、「いちご戦争」は黒のモレスキンの手帳に描き溜めたものを、スキャンしてブログにアップしていました。もともと、モレスキンの小型手帳が気に入っていて、スケッチブック代わりにして何かしたい、という目論見もありました。これまでずっと自分はアナログで描いてきたけれども、今後はデジタルに移行するだろうなと当時から考えていたので、最後のアナログ時代をどう遺すかという意味でも、モレスキンを使ってみたんです。

スケッチブックは立体的で、手触りも重さもある「モノ」ですよね。表に描いた絵が裏に写ってしまうことなども、アナログならでは。デジタルは一元的でぺらぺらしているから、「裏」がない。・・・」(インタビューを一部抜粋)

インタビュー全文を読もう!河出書房新社サイト

ichigo_sensou

*私も読みました!言葉のない詩を読んだようでした。幻想的な世界で、無垢な道具を使って戦い合う少女たちの姿がとても心に残りました・・・「もう読んだよ!」という人は、ぜひ感想などコメントして下さいね!

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

今日マチ子『いちご戦争』を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

[…] また、この展示には、今日マチ子さんの『いちご戦争』が描かれた4冊のモレスキンノートブックの原画も展示されるのだそうですよ!今日マチ子さんのファンの方はぜひお出かけ下さい […]

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine