アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2015年1月22日

2014年12月の「月の作家」優勝者:Mariasun Salgado

「月の作家」選出のために、今月も投票して頂きありがとうございました。謹んで優勝者を発表したいと思います。優勝者は、スペインのマドリードに暮らすMariasun Salgadoさんです!Mariasunさんは受賞歴のある建築家で、グラフィックアートやデザインにも情熱を持っており、多方面に才能を発揮しています。Mariasunさんの生活や芸術についてもう少し聞かせてもらいましょう。

「私はマドリッド・ポリテクニック大学で建築学の修士・博士号を取得しました。2001年からは大学の講師として働いていて、特にドローイングを教えています。」

実際、Mariasunさんのアートには建築学が浸透しているようです。

「私の芸術は、特に都市大衆化や高密集など、建築とその環境との間に生じる問題に強く影響を受けています。」

独自のスタイルを誇るMariasunさんのアートは、「ハイブリッド・グラフィック言語を介したコミュニケーションにより抽象と写実の両方から逃れている」のだと言います。この複雑なアプローチは、今回優勝した作品 “New Materiality(新たな物質性)”にも表れています。

mariasun-salgadoRES

「”New Materiality”は、私自身の芸術を作り出す過程について描かれていて、一見シンプルなものがどんどん複雑になっていく様子を表しています。」

モレスキンスケッチブックは、Mariasunさんのクリエーションに命が宿る場所となっているようですね。

「私は普段、モレスキンにドローイングスケッチをすることから始めます。このスケッチが、完成した作品になったり、作品の一部になったりします。私が最初にモレスキンノートブックを使い始めたのは確か、大学で勉強を始めた頃だったと思います。それからは、トラベル・ジャーナルや建築スケッチのためにずっと使い続けてきました。」

Mariasunさんは教師として、間違うことが成長への近道であることをよく知っています。

「私の好きな言葉のひとつに、ミゲル・デ・ウナムーノ(スペインの哲学者)の言葉があります:爪をハンマーで叩くことは、馬蹄を百回打ち付けることを意味する。私が思うに、間違うことは、アーティストにとって一番大切な経験でしょう。成長しつづける唯一の方法だと思います。」

moleskinerie.comより
2014年12月の「月の作家」ファイナリストは以前の記事

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

2014年12月の「月の作家」優勝者:Mariasun Salgadoを参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

[…] 投票はこちらのFacebookページへ 2014年12月の「月の作家」インタビューはこちらへ […]

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine