アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2015年1月28日

「ハンドライティング」が脳に良いとされる6つの理由

blank_page1

Moleskineはハンドライティング(手で書くこと)の大ファンです。Moleskineが1月23日の「ハンドライティング・デイ」をお祝いし始めて今年で3年目になります。手で書くことは、楽しいアクティビティというだけではありません。科学者によると、脳にもとても良い作用があるそうです。

*****

1. 記憶力を高める
手でノートを取ると、書いたものをより上手く、より長く記憶しておくことができます。The New York Timesの記事によると、ハンドライティングは、ユニークな方法で記憶を刺激し、脳に深い印を残して、長期にわたりアイデアを保持することを可能にするようです。

2. 認識力を高める
ハンドライティングは、特に子どもに恩恵があります。幼い頃に文字を整えることを覚えると、運動能力とともに想像力も鍛えられます。研究によると、子どものうちは、キーボードでタイプするよりも手で書いた方が、より多くの文字を速く書き、多くのアイデアを表現できるそうです。

3. 脳の広い範囲を活性化する
リーディングに使う脳の区域は、ハンドライティングをすることで活性化されます。また、タイピングにはないハンドライティングの動きは、大脳皮質にある運動野を活発にします。(Medical Dailyより)

4. よりクリエイティブになれる
ハンドライティングは、タイピングに比べて時間がかかる作業です。そのおかげで、アイデアを発展させたり、知的生産力を高めるためにより多くの時間を使うことができます。

5. 思考力の低下を遅らせる
The Wall Street Journalによると、ハンドライティングは、高齢によって低下しやすい思考力を鍛え、脳を老化から守ってくれることが証明されています。

6. 心を落ち着かせる効果
Mashableでは、筆跡診断士のMarc Seifer博士とハンドライティングのエキスパートが、穏やかな文章を手書きすることがグラフォセラピー(筆跡療法)の一種であると説明しています。「“わたしはもっと穏やかになる”というような文章を毎日少なくとも20回書くと、実際に大きな影響が出てきます。特に、注意欠陥障害を抱える人には効果的です。」

*****

*この他にも、ハンドライティングは私たちの思考に多くの作用をもたらしているでしょうね。ハンドライティングの効果について、みなさんが知っていることがありましたら、コメント欄やメールでぜひ教えて下さい!

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

「ハンドライティング」が脳に良いとされる6つの理由を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine