アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2015年4月11日

mikikoの舞い散る桜をモレスキンに残す方法

mikiko1

桜の季節も、もうすぐ去ってしまいますね・・・mikikoさんの方法を使って、散り始めてしまった今年の桜をモレスキンノートブックに残してみましょう!

「昨日の夜にふった雨で、ぐっと散ってしまいました。散るまえに小雨の降るなか、桜がたちならぶ川ぞいを延々あるいてきました。知ってはいたものの、そこの桜は圧倒的な存在感をもっていました。散った桜の吹き溜まり。風の強い日にここの近くをとおりかかったとき、この落ちた花びらが、なにかの意思をもった生き物のように、歩いても歩いても風に流されて、地面を這って追いかけてくるようでした。とても、美しくて少々こわいようなこの場所、ちゃんとみておきたかったのです。

風が吹けば花は舞うし、ぴーぴー鳥が鳴いていたから、絶対にあると確信しつつ地面を探すとやっぱりあった。鳥たちが蜜をすって捨てた落ち花。この桜。記憶にとどめておくだけでもいいけれど。ログとして残すこともできます。・・・

1. とにかく拾う。花びらでも、落ち花でもいいから拾う。

mikiko2

2. 文庫本やノートに挟んで数日放置。乾燥するまで放置するのです。

mikiko3

3. 乾燥したらこんな感じです。

mikiko4

4. 糊ではります。セロテープのほうがいい気もしますが、なんとなく糊で試します。危なそうなら後日そっとテープを上乗せしておきます。

mikiko5

・・・こんな感じで、紙やシールやスタンプだけじゃなくて自然物もログとして残すことができます。名残惜しいですが、桜の季節ももうすぐで終わりそうですね。散ってしまう前に、今ならまだ間にあいますので、そっとノートに忍ばせてみては如何でしょう。」

mikikoさんのブログ
@mikikoをフォローしよう!
mikikoさんの以前の記事

*週末に出かける人は、通りに落ちているピンク色の花びらを拾ってモレスキンノートブックに挟んでおきましょうね。きっと今年の良い思い出になりますよ!

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

mikikoの舞い散る桜をモレスキンに残す方法を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine