アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2015年5月23日

2015年4月の「月の作家」インタビュー:Fede Tessa

s07_024_low-1024x806

新しい月の作家の選出に協力頂きありがとうございます。今月も僅差の戦いでしたが、みなさんの投票のおかげで優勝者を決定することができました。優勝はアルゼンチンのブエノスアイレスに暮らすFederico Tessaさんです。私たちはFedericoさんのことをもう少し知りたいと思い、彼に連絡してみたところ、美しい建築スケッチがたくさん出てきました。

「私はブエノスアイレスで建築家として働いていて、外光でスケッチすることに情熱をそそいでいます。私の住んでいる街には美しいクラシカル建築がたくさんあるので、いつも外に出ては手描きのスケッチをしています。」

Federicoさんの情熱と建築家である背景を考えると、彼の作品が美しい理由もうなずけます。熱心なモレスキンユーザーらしく、Federicoさんが使う文房具もたいへん興味深いです。

「毎日使うのは、ラージサイズのモレスキンスケッチブックとEFニブの万年筆。線画にはNoodler’sの万年筆に黒と茶の耐水性インク、影と窓にはレキシントングレーのインクを使います。現地でドローイングをする場合は、A4サイズのモレスキンの水彩画用ノートブックを持って行き、Winsor&Newtonの水彩絵の具で色付けします。

初めてモレスキンスケッチブックを開いた時のことを今でも覚えています。とってもナーバスだったんですよ、初めてのスケッチは完璧に描きたかったから。」

bencich-building-fede-tessaRES

「上の作品は、”Bencich Building(Bencich建築)”というタイトルなのですが、10階のテラスからビルを間近にして描いたものです。息をのむほどの素晴らしい眺めで、そこから4つの違うドームをスケッチすることができました。最後に描いたドームはそこから1kmも離れていたんです。本当に夢のような場所でした。」

s06_006_low-1024x686

インタビューの最後に、Fedeさんから若いアーティストのみなさんにアドバイスをもらいました。

できるかぎり自分に挑戦して下さい。描きづらい物や場所、状況を描いてみて下さい。居心地の良い場所から離れて、自分を前進させましょう。

moleskinerie.comより
2015年4月の月の作家ノミネート作品は以前の記事
Fede Tessaさんの関連記事はこちら

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

2015年4月の「月の作家」インタビュー:Fede Tessaを参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

[…] 2015年4月の月の作家インタビューは以前の記事へ […]

[…] Fedeさんのブログへ FedeさんのmyMoleskineへ Fedeさんの以前の記事へ […]

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine