アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2015年11月14日

アスタラビスタの3ヶ月先の未来日記

未来日記をつけている人はいますか?

アスタラビスタさんによると、未来日記には夢を実現させる自動装置のような効果があるのだそうです。今日は、アスタラビスタさんがモレスキンノートブックにどのように未来日記をつけているか、教えてもらいました。

「…どのぐらい先の未来を書くかは実践している方によってそれぞれですが、…僕の場合は常に3ヶ月先の事を書いていました。1週間以内先の事も書いた事があるのですが、全然書いた事は叶わず、逆に『書いてもかなわねーじゃん!!!』的な気持ちが大きくなって意味がないように思えたのですね。 (書き方、気持ちのもちようが間違ってたのかもですが。)

何年も先の未来だと、余りにも離れ過ぎてて大雑把なイメージしか沸かず、変なとこが細かい僕からしたら、細かくイメージすればいいってことは、実際にその未来の自分がいる場所、持ってるもの、周りにいる人も全て想像しなきゃいけないなー、気が遠くなるなーって気になり、莫大な想像力と色々調べたりする手間で、書いてても面倒くさくなると思いこちらの未来も却下。…となると、程よいリアリティー、程よい理想が何のわだかまりもなく細かくイメージできるのが、約3ヶ月後の未来だったんです。…」

Kersting_-_Mann_an_Sekretär
Image by Georg Friedrich Kersting (1811,ドイツ人画家) “Mann an Sekretär” from Wikicommons

「どうしても僕のような、不器用な人間は余りにもでかすぎる夢、かけ離れた未来だと『今』を疎かにしてしまい、先の事ばかり考えて、ワクワクが段々グチャグチャになって、現状が段々と悪くなっていってしまって、夢を叶えるどころじゃなくなる傾向になってしまうんです。恐らく似たような傾向の方は沢山おられるのではないでしょうか。長年、色々な自己啓発読んだり、様々な経験を通して痛感しましたが、理想の自分になる為にはまず、ゴールは設定してもいいけど、心の程よい位置に置いておく、そして何より『今を真剣に生きる』事だと思うんです。  

これができなければ恐らく以前の僕のように、いつまでたっても理想ばかりがあり、なーんも成長しない自分止まりだと思います。またちょっと脱線してしまいましたが、とにかく僕は3ヶ月先の事を毎日書いていました。常に今の3ヶ月後の事を様々なシナリオ、登場人物、所有しているもの等、こーなったらいいーなー的な気分のレベルの未来を書きました。3ヶ月先だと、イメージするにも様々な事がリアルにイメージできて、達成できるかもって気になってきました。…」

アスタラビスタさんのブログ

*自分の未来を想像することは、果てしなくつづく白紙に文章を書き続けることとどこか似ていますね…あなただったら、どれくらい先の自分まで想像できますか?

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

アスタラビスタの3ヶ月先の未来日記を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine