アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2016年1月12日

モレカウ式「旅人の地図」の折り方

Notebookers.jpの管理人タカヤ・モレカウさんが研究した方法を使えば、A4サイズの紙をスマートに折りたたみ、ポケットサイズのモレスキンノートブックに持ち歩くことができます。インターネット環境が整っていない場所でも、アナログの地図を片手に旅をしたいと思う人は、ぜひ参考にしてください!

Takaya Molecowさん(@blanq)が投稿した動画

「・・・2010年、とある飲み屋さんで友人とお酒を飲んでいたところ、マスターに家飲みに誘われ店を閉めたあとに、すぐ近くの彼の家に二次会とばかりに移動してお酒を飲む。マスターとその奥さんと話をつまみにウイスキーを飲んでいると、お互いに映画監督ジム・ジャームッシュのファンであることに気がついた。NYで、映画の中の登場人物に実際に会った話を聞いたり、映画の中に登場するシーンやニューヨークの街並みのことなどについて話をしていると、タカヤくん面白いのがあるよ、とニューヨークの地図を持ってきてくれた。二人がニューヨークを歩くときにジーンズの後ろのポケットに収まるように畳んで持ち歩いていた地図らしい。その風変りな畳み方をする地図にすっかり夢中になってしまう。酔っ払いながらも、細部まで観察してメモをとった。

takaya2

「今回の渋谷LOFTワークショップ前半のトークイベントでも語らせていただいたが、「何気ないメモがその数年先のことを変えていく」というのは本当の話だ。この酔っぱらいながら取ったメモを、最近ふと夜中に思い出して、過去のモレスキンを引っ張り出し、その折り方を調べるために、ただの白紙のA4用紙をあ~でもないこ~でもないとぱたぱたと何度も折り返して時間を過ごした。研究しているうちに向かい合う同じ比率の線は対角で重ねて折ることができることに気が付いて、この何気ないメモから折り方を数学的に導き出すことができた。このメモから折り方を発見したときは、心の中でパズルがぴたりと合うときのカチっという音がした。…」

「旅人の地図」テンプレートのダウンロード

もっと読もう!タカヤさんの物語はこちら
タカヤさんの以前の記事

mapfold2

*モレカウ式「旅人の地図」の折り方ガイドを書いてみましたよ!ステップ11あたりで、一瞬分からなくなるかもしれませんが、こちらの動画も見ながら一緒にマスターしましょう。地図以外にももちろん応用できますし、覚えてしまえばとても簡単ですよ 🙂

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

モレカウ式「旅人の地図」の折り方を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine