アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2016年1月15日

コウスケの「発見の手帳」とマインドマップ

ko1

文章を書こうとするとペンが止まってしまうという人は、コウスケさんのメモの取り方を参考にしてみてはいかがでしょうか?コウスケさんに「マインドマップ」の魅力を教えてもらいました!

「梅棹忠夫さんやダ=ヴィンチに習って、モレスキンを『発見の手帳』にしています。思いついたアイデア、映画を見てふと考えたことなど、1ページ1項目で贅沢に書いています。ただし彼らと違うのは、日々の発見を「マインドマップ」でかいていること。イラストと単語で、発想がグングン広がります。そして現在『モレスキンAdobeスマートノートブック ラージ』がお気に入りです!

…マインドマップでかくと、発見がまた新たな発見を呼ぶのです。たとえば、映画を見ると必ず手帳にメモします。このとき、「感想」や「発見」をいきなり文章で書こうとするとペンが進みません。そこで、映画で見たことをそのままマインドマップでかき出していくと、様々な「発見」や「感想」が頭に湧いてくるのです。あとで追記できるのも便利。」

ko2

「元旦に映画『ちいさな哲学者たち』をみたときは、こんなマインドマップをかきました。あなたはこれを見てもピンと来ないでしょうが、私にとってはいくつもの発見ができた貴重なメモです。」

もっと学ぼう!コウスケさんのブログ
@kosstyleをフォローしよう!Twitter
コウスケさんの以前の記事

*普段は文章でメモをするという人も、時々マインドマップを使ってみると、新しい発想にたどり着けるかもしれませんよ!

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

コウスケの「発見の手帳」とマインドマップを参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine