アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2016年2月11日

Martin Meijerinkの一時的に方眼レイアウトを作る方法

MartinMeijerink1

普段はプレーンノートブックを愛用している人でも、一年に一度か二度は、罫線や方眼のレイアウトが必要になるかもしれませんね。そこで今日は、一時的にプレーンノートブックに方眼を作る方法を紹介したいと思います。Martin Meijerinkさんが教えてくれました!

「必要なもの:
モレスキンプレーンノートブック
方眼をプリントしたシート

MSKで配信されている方眼のテンプレートを活用することもできますが、わたしの場合は、線がもっとはっきり見えるように太線(0.35mm)を使い方眼シートを手作りしました。この方眼シートをプレーンノートブックの下敷きとして使えば、無地のページに方眼が透けて、一時的にスクエアードノートブックになってくれます 🙂 」

MartinMeijerink2

「その結果がこちら。罫線があるかのようにきれいな無地ページが完成です。」

Martin MeijerinkさんのmyMoleskine

*シンプルながら、これはグッドアイデアだと思います!このシートを拡張ポケットに入れて持ち歩けば、いつでも取り出してきれいなノートを書くことができますね。

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

Martin Meijerinkの一時的に方眼レイアウトを作る方法を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine