アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2016年3月8日

エキシビションレビュー:宮良当明の旅するフルーツシール展

FruitLabels1

あたたかい日が多くなってきましたね。ノートブックを片手に街の散策に出かけましょう!

現在、渋谷のデルフォニックス・ギャラリーでは、爽やかなフルーツシールあふれるエキシビションを開催中です。モレスキナリーフレンドの宮良当明さんは、フルーツについている小さなラベルを何年もかけて収集してきました。今回は、2,000枚を超えるコレクション展示をはじめ、ノートブックに貼らずにはいられない素敵なアイテムを数多く販売しています。

FruitLabels2

展示品の中には、宮良さんがかつて旅先で使っていたモレスキンノートブックもありました…

「旅先のBerlin、Copenhagenのスーパーマーケットや市場を巡り、戻ったホテルでペタペタと貼りつけた時の見開きページです。このノートには、旅の記憶、街の生活の匂い、果物の甘くスィートな香りが閉じ込められています。」

エキシビションの詳細は以前の記事

*なにか新しいノートブックの使い方を探している人はぜひ訪ねてみてください。ひとつひとつのシールは小さいけれどコレクション(蒐集)することで物語がどんどん広がっていく様子は圧巻です!

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

エキシビションレビュー:宮良当明の旅するフルーツシール展を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine