アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2016年5月3日

MOLESKINEイベント「少し先の未来の『書く』と『描く』」ご案内

スマートライティングB1パネル-A案

私たちが小さかった頃、テレビや映画で見た未来の技術や道具は、いまや日常のものとして使われています。モレスキンノートブックに書き留められた文字や文章、スケッチは未来にどうなるのでしょうか?

去る4月20日(水)、モレスキンは新時代のライティングシステム「スマートライティングセット」を東急ハンズ新宿店で先行発売しました。この発売を記念して、編集・コミュニケーション・デザイン・インタラクションの分野の第一線で活躍するゲストが集結。独自の視点で少し先の未来の「書く」「描く」について2日にわたり討議します。

参加者の皆さまにも、「スマートライティングセット」を使いながら最新のソーシャルライティングを体験して頂きたいと思います。ぜひご参加ください。

スマートライティングセットの詳細は特設ページ
5月14日(土)「書く」の回 申し込みはこちら
5月15日(日)「描く」の回 申し込みはこちら

Event1

「書く」の回
5月14日(土)14:30〜15:30
東急ハンズ新宿店8F モレスキンアトリエ前

第一回目は、文字や線を「書く」ことをテーマにディスカッションを広げます。ゲストに、アート・学術分野で幅広く活躍するキュレーター高橋裕行氏と、北極気候学を専門とする研究者であり、ウェブサービスから文具まで幅広くライフスタイルを提唱するブログLifehacking.jpの管理人 堀正岳氏を迎えます。モデレーターは、アートディレクターの橋詰宗氏と、モレスキンファンサイト モレスキナリーの管理人でお馴染み中牟田洋子氏が務めます。

5月14日(土)「書く」の回 申し込みはこちら

追記(5/23):
「書く」ゲストスピーカーの紹介はこちら
「書く」イベントレビューはこちら

 

Event2

「描く」の回
5月15日(日)14:30〜15:30
東急ハンズ新宿店8F モレスキンアトリエ前

第二回目は、スケッチやドローイングなど絵を「描く」ことをテーマにディスカッションを広げます。ゲストに、タイポグラフィを基軸としたデザインや映像を制作する大原大次郎氏と、ウェブデザイン、プログラミング、ネットアートの分野で活躍する萩原俊矢氏を迎えます。モデレーターは、アートディレクターの橋詰宗氏と、モレスキンファンサイト モレスキナリーの管理人でお馴染み中牟田洋子氏が務めます。

5月15日(日)「描く」の回 申し込みはこちら

追記(5/23):
「描く」 ゲストスピーカーの紹介はこちら
「描く」 イベントレビューはこちら
公式Facebookイベントページ

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

MOLESKINEイベント「少し先の未来の『書く』と『描く』」ご案内を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

[…] さらなる回答はFacebookイベントページへ イベントの詳細は以前の記事へ […]

[…] 私も先月開催されたイベントで、スマートライティングセットを体験することができました。しかし、初めて「ペーパータブレット」に書き込む際は、とにかく緊張しましたよ。普段使 […]

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine