アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2016年5月10日

インスピレーション:橋本幸士教授の2次元小説

「わずか185〜186文字で、70通りの読み方ができる「2次元小説」が静かなブームとなっている。大阪大学で物理学を研究している橋本幸士教授が考案した。21文字の文章を5列ずつの格子状に配列しており、ルートの選び方によってストーリーが変わるのが特徴だ。

「むっちゃ面白い」「80年代のアドベンチャーゲームブックを思い出した」などと、ネット上で注目が集まり、4月28日の投稿から1週間で1万7000回以上のリツイートされるなど注目を集めている。」

The Huffington Postより

*これは面白いですね!私の場合、自分が心地よいと思う文字面に沿って目が動いていくから不思議でした。みなさんには何通りの物語が見つかりましたか?

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

インスピレーション:橋本幸士教授の2次元小説を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine