アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2016年10月5日

インスピレーション:『ゴッホとゴーギャン展』東京都美術館にて…

wylandtondelier
▲ Wyland TondelierさんのmyMoleskineより。オリジナルのファン・ゴッホ画

モレスキンファンのみなさんはすでに知っていると思いますが、MOLESKINEにとってフィンセント・ファン・ゴッホは特別な芸術家です。今月、東京都美術館では、ゴッホとゴーギャンをフィーチャーした展覧会が開催されるそうなので、モレスキナリーでもぜひ注目したいと思います!

「フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)とポール・ゴーギャン(1848-1903)。19世紀末に活躍し、今なお世界中の人々に愛されてやまないこの二人の画家に焦点を当てた、日本初となる展覧会を開催します。

オランダの牧師の家庭に育ったファン・ゴッホと南米ペルーで幼年期を過ごしたゴーギャンは、生い立ちや性格だけではなく、絵画表現も大きく異なります。ファン・ゴッホは現実の世界から着想を得て、力強い筆触と鮮やかな色彩による作品を生み出し、ゴーギャンは、装飾的な線と色面を用いて、目には見えない世界をも絵画に表現しようとしました。1888年、彼らは南仏アルルで約2カ月の共同生活を送ります。ともに制作し、時には激しい議論を重ねながら刺激を与え合いました。

本展は、ファン・ゴッホとゴーギャンの初期から晩年にわたる油彩画約50点を含む約60点を展示します。二人の画家の特徴を浮き彫りにし、その関係性と芸術性に光を当てます。」

展覧会の詳細は公式サイト

exhibition

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

インスピレーション:『ゴッホとゴーギャン展』東京都美術館にて…を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine