アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2016年10月13日

彩織の表紙コラージュのアイデア色々

「表紙コラージュは、ノートを自分のモノにする儀式。限られた表紙のスペースでいかに遊ぶか。えいっと創造力をエンジンを吹かせて、その時の気分に合うノートブックをつくるのが楽しい。…」

ライターの彩織さんは、ノートブックの表紙をカスタマイズする楽しさについてこのように話してくれました。彩織さんはモレスキンノートブックの表紙の上でどのように遊んでいるのでしょうか!?

saori1

【大きな素材を堂々と】

「お気に入りのステッカーや雑誌の切り抜きがひとつあれば、それを主役に潔く貼ってしまおう。レイアウトで悩まなくて済むので、あっという間にマイノートブックができあがる。

映画『世界一美しい本を作る男〜シュタイデルとの旅〜』で知った、シュタイデルさんの仕事ぶりに触発された頃につくったモレスキン表紙(写真上)。基本徹底・有言実行の仕事姿勢が最高に格好良かった。

シュタイデル社の一角には、ドイツの現代美術家ヨーゼフ・ボイス(1921〜1986)の
マニュフェストが掲げられている。『キャンバスとその木枠を買った時点で間違いは始まっている。』」

saori2
【同系色で揃える】

「様々な素材をまとまり良く見せるには、色で揃えるが手っ取り早い。コラージュの主役を決めたあと、周囲を同系色で飾る。この流れだとスムーズに作業が進む。

右下に、誕生石マステを貼っている。通算9冊目のモレスキンに、9月誕生石のサファイアを貼ってみた。自分だけが分かる小さな偶然を仕込めるのも、コラージュの面白いところではないかしら。…」

もっと学ぼう!彩織さんのブログ
@saori_bbjをフォローしよう!Twitter

*1つ1つのコラージュに特別なテーマと個人的な思い出が込められていて素敵ですね!私たちも彩織さんに習って、モレスキンノートブックの表紙を飾ってみませんか?

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

彩織の表紙コラージュのアイデア色々を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine