アーカイブ

search

community info info info

« | メイン | »

2018年5月11日

sora のミュージックノートブックより:ドヴォルザークのチェロ協奏曲

ドヴォルザークが好きな sora さんは、ドボコンの愛称で知られるドヴォルザークのチェロ協奏曲をミュージックノートブックに書き写しはじめたそうです。

「MOLESKINE Music Notebook にドボコンの第二楽章チェロの写譜をはじめました。メロディーの中にドヴォルザークが込めたものが少しでも見えたらと思っています。見たこともない記号が山ほど・・・道のりは長い(^^; #MOLESKINE #モレスキン 」

sora さんをフォローしよう! Twitter

sora

sora さんを夢中にさせるこの曲、ドヴォルザークが片思いの彼女への想いを込めたものだと言います。

「『チェロ協奏曲 ロ短調』第2楽章では、ドヴォルザークが若い頃に思慕を寄せていたヨセフィーナ・カウニッツ伯爵夫人(義理の姉)への想いが込められているという。ドヴォルザークは二十歳半ばの頃、金属細工商チェルマーク家の2人の娘の音楽教師を務めていた際、女優でもあった姉ヨセフィーナに恋心を抱くも失恋。彼女への恋心は、モラヴィアの詩人グスタフ・プレガー=モラフスキーの詩集に基づく歌曲集『糸杉』に表れているようだ。

ヨセフィーナは、その中の一曲『私を一人にして Laßt mich allein!』を好んで聴いていたとされ、『チェロ協奏曲 ロ短調』第2楽章では同曲が引用されている。ヨセフィーナが重病と知らされたのが引用のきっかけで、アメリカからチェコへの帰国前に既に曲は完成していたが、1895年の帰国後すぐに彼女が亡くなると、ドヴォルザークは第3楽章で歌曲の旋律が現れる4小節を60小節に拡大している。…」(worldfoldsong.com より一部引用)

*音楽を聴き、譜面を読み解き、音楽家の心に想いを馳せる・・・すてきな時間の過ごし方ですね。興味のある人は、この週末にぜひ聴いてみてください 🙂

Print it in Moleskine MSK format

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
url trackback

sora のミュージックノートブックより:ドヴォルザークのチェロ協奏曲を参照しているブログ:

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

コメントを投稿

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

from moleskine