アーカイブ

search

community info info info

23 6月 2016

大隅典子の「脳の個性」に合ったメモの取り方

神経科学者の大隅典子さんが、私たちの脳に見られる「3種類の思考様式」について、とても興味深いエッセイを書いています。自分がどのように思考するタイプなのかを知ることで、自分に合うメモの取り方やノートの種類が見えてくるかもしれませんよ!

「・・・「伝わるプレゼンテーション」の講義では、「PowerPoint(PPT)ファイルを立ち上げる前に、構想をノートに書いて・描いてみましょう」ということを、この数年、必ず言うようにしています。PPTというアプリケーションは(そこそこ)便利なので、つい、表紙から順に作っていきたくなるものですが、先に全体を見渡した方がバランスの良いプレゼンになると思います。Keynoteを使う場合でも同様です。

今朝、目が覚めたときに、思いついたアイディアをいくつか方眼ノート(Moleskineを愛用♬)に描き出してみたのがこちら。」

NorikoOsumi

「たぶん、他人が見ても何のことやら……だと思いますが、自分用のアイディアノートとしては、これで十分です。細部は脳の中にストアされていて、実際にプレゼン用のアプリケーションを立ち上げての作業で詰めていくので。

でもって、改めてこの図を見なおして、自分が「パターン思考」であることがよく表れていると認識しました。

拙著『脳からみた自閉症「障害」と「個性」のあいだ』(ブルーバックス)で取り上げているテンプル・グランディン博士は、ご自身が自閉症であることを「個性」と捉えている方ですが、動物学者であり、家畜施設の細かい設計図を描くことが得意とのこと。いくつか著作があり、和訳もされていますが、『自閉症の脳を読み解く―どのように考え、感じているのか』(NHK出版)という著書の中に出てくるのが「3種類の思考様式」という仮説です。

一般的には、「言語優位な思考」と、それに対比される「視覚優位な思考」の2つに分類されると見なされることが多いかもしれませんが、グランディン博士はそれに加えて「パターン優位な思考」を挙げています。

私自身、この本を読むまでは、なんてったってビジュアル系、つまり「視覚優位」だと思っていたのですが(←ここ、クスっと笑うところです、念のため)、一度見た絵画の記憶はしっかり残っていても、自分で描く方はまったく駄目で、組織学のスケッチは大の苦手でした。

したがって感覚的には繊細でも、出力系が悪いためであろうと長らく思っていたのですが、そうではなくて、全体(視覚映像)の中に「パターン」を見出すことが得意、パターンとして記憶するという脳の使い方なのだとわかりました。

そういう意味で言えば、「パターン」を見出したり記憶するのは視覚的な入力だけでなく、音楽や電車の音、音声言語などの音刺激もパターン化して記憶しているような気がします。…」

全文読もう!大隅典子さんのブログ
@sendaitribuneをフォローしよう!Twitter

*なるほど、なぜノートブックの定番レイアウトが3種類で落ち着いているのか、ひとつ納得の可能性を見つけることができた気がします。…思考と脳科学の関係は、これからもモレスキナリーで追いかけたいカテゴリーです!

08 5月 2016

MOLESKINEイベント:5月14日(土)「書く」の回

SWS_Event2

MOLESKINEより新しく発売された「スマートライティングセット」は、これまでの個人的で [閉じられた/綴じられた] ノートブックの時代から、共有を前提とする [開かれた] ノートブックに向けて、新しい可能性が広がっていることを予感させるものです。

この「スマートライティングセット」の発売を記念して、5月14日(土)15日(日)の2日にわたり、東急ハンズ新宿店でイベントが開催されます。日本のクリエイティブシーンで活躍するゲストが集結、少し先の未来の「書く」「描く」をテーマに、ああでもない、こうでもないと自由な議論を展開する予定です。

先日にひきつづき、モレスキナリーでは、この興味深い対話に参加して下さるゲストの皆さんが、普段どのようなことをしている人たちなのか少しだけ紹介したいと思います。今日は、5月14日(土)「『書く』の回」について…

5月14日(土)イベント詳細はPeatix
5月15日(日)「『描く』の回」の記事

HiroyukiTakahashi
▲ 高橋裕行さん著『コミュニケーションのデザイン史ー人類の根源から未来を学ぶ』(フィルムアート社)

5月14日(土)「書く」では、アート・学術の領域でさまざまなコミュニケーションについて研究・実践されている高橋裕行さんと、Lifehacking.jpの管理人でもあり、知的生産などの情報整理術に詳しい堀正岳さんをお迎えして議論を進めます。

以下、モデレーターを担当しますモレスキナリー YOKOのコメントです。

”MOLESKINEは、「スマートライティングシステム」をデザインするために、メモやアイデアを書き留める方法について再定義を重ねてきました。「ノートブックをどうやって使うか」という問いは、私たちが物事をどのように考えて、そこから何を生み出しているのか、という課題にまで広がっていきます。それはかつて文化人類学者である梅棹忠夫氏が提唱した「知的生産」という概念にも通じる興味深いテーマです。

そこで、『書く』の回では、「書く」という行為と創造性のつながりについて造詣の深い2人のゲストをお迎えし自由に討議したいと思います。ノートブックに文字や文章を書くことがもっと好きになるイベントですよ!”

MasatakeHori
▲ 堀正岳さん・中牟田洋子 共著「モレスキン『伝説のノート』活用術」(ダイヤモンド社)

*おかげさまでイベントチケットは14日、15日共に満席となりました。本当にありがとうございます!当日、みなさんにお会いできるのを楽しみにしています 🙂

19 12月 2015

MOLESKINEブックプロジェクトより:ぬり絵『The Wandering City』

wandering_city1

MOLESKINEの”I Am the City”シリーズは、都市をよりクリエイティブに探索するためのブックプロジェクトです。今回発表されたぬり絵は、一冊目の”I Am Milan”につづく二冊目となります。日本での発売予定はありませんが、お試し用のテンプレートを楽しむこともできるので、モレスキナリーでもぜひ紹介したいと思いました!

「想像力と色鉛筆を使って、街を散策してみましょう。失敗することはありません。線を追いながら隙間に色を塗りっている間に、あなたは集中力、達成感、そして瞑想の経験を得ることができるでしょう。

このぬり絵のイラストレーションを担当してくれたのは、作家であり、イラストレーター、建築家、冒険家でもあるCarlo Stanga(カルロ・スタンガ)さんです。スタンガさんの絵に色を塗りながら、彼とのコラボレーション作品を完成させましょう。

色をより滑らかに塗ることができるように、製本にはイタリアの老舗 Favini(ファビーニ)社製の高級品質紙を使用しています。」

TheWanderingCity2TheWanderingCity3

「スタンガさんの世界はとても複雑で、細かな装飾、架空の植物や動物、建築など世界中のスタイルを融合して創り出しています。この世界にひとたび足を踏み入れれば、あなたのクリエイティビティも走り出すことでしょう。」

TheWanderingCity4TheWanderingCity5

「このぬり絵を早速試してみませんか?moleskine.comでは、お試し用のテンプレートを無料で配布しています。moleskine.com> Template> The Wandering Cityからダウンロードして楽しんでください。…」

moleskine.comより

18 11月 2015

片岡義男『文房具を買いに』

伝統的な黒いノートブックがひとたびヨーロッパの市場から消えて、その後「MOLESKINE」として復刻された経緯を目撃している日本人がいます。エッセイストの片岡義男さんです。片岡さんは著書『文房具を買いに』(2003年、東京書籍)の中で、愛用している「モールスキン」のことを話しています。

Yoshio_Kataoka

一九八〇年代の初めに、外国で見て気にいり、三十冊ほど買ったのがこのモールスキンとのつきあいの始まりだった。けっして使わないわけではないけれど、縦横に使いこなしているわけでもないという、明らかに中途半端なつきあいだ。それから数年後にはどこでも見かけなくなった。そしてごく最近、イタリーで復活した。能書きを各国語で綴った紙がはさんである。それによると、一九八六年に製造が中止されたということだ。」(p2)

手帳サイズのモールスキンは、身につけてどこへでも持っていけるものであるがゆえに、ほとんどいつも身につけていないと、なんでも帳として意味をなさないのではないか。その日の自分の行動、会った人たち、交わした会話のなかみ、街で見かけたもの、書きとめておきたい電話番号など、そのときその場からほんの少しだけうしろへずれた、ちょっとした時間のなかで、わが身のどこかから取り出したモールスキンのページを繰り、五ミリ方眼のページに愛用のボールペンで書き込むのだ。ボールペンは短いものが似合うと僕は思う。」(p3)

「モールスキンの手帳ノートブックは百九十ニページだ。ひと月で一冊を使いきるとして、一日分として平均して六ページのスペースを割り当てることができる。そしてひと月のうち半分ほどは、一日分を七ページにすることが可能だ。単純に日割りするとそうなる。日ごとに変化はあっていい。ただし、ひと月に一冊というペースは、守りたいと思う。一冊を二年も三年も使うようでは、この手帳の良さを生かしきることができないはずだから。一年で十二冊。十二冊の黒い表紙のモールスキンのページに、自分の筆跡でびっしりと書き込まれたさまざまな事柄が、自分にとっての一年なのだ。その十二冊のなかに、その年の自分がいる。少なくともその痕跡くらいは、どのページにも雄弁に残っている。」(p6)

書籍詳細は東京書籍サイト

*「このエッセイを読んで、モールスキンと出会った」という人は多くいるのではないでしょうか?モレスキンファン、文房具ファンの人にはぜひ読んでほしい一冊です。

30 10月 2015

moleskine.comより:新しい書籍プロジェクト『Bob Noorda Design』

BobNoorda_698 (2)

Moleskineはこれまで、創造性とインスピレーションの価値を表現するプロフェッショナルたちのクリエイティブプロセスを追った書籍を発表してきました。今のところ日本での発売予定はありませんが、今日は最新の書籍プロジェクトについて紹介したいと思います。モレスキンの文化を知る一助となりますように…

「Bob Noorda(ボブ・ノールダ)という名前に馴染みがない人でも、彼がデザインしたビジュアルガイドや書体、グラフィックシステムは見たことがあるでしょう。ニューヨークやミラノの地下鉄で目にするグラフィックシステムはノールダの構想によるものです。」

BobNoorda_4_347BobNoorda_347

「”良いデザインプロジェクトは決して流行に左右されてはならないが、可能なかぎり廃れないものでなくてはならない。” これは2005年のノールダの言葉です。彼がこの世に生み出した数々の作品が、この言葉に説得力を与えています。

この本は、ノールダが2010年に亡くなる前に手がけた最後の作品を収録しており、彼のデザインの本質に迫っています。作品は年代ごとに整理されており、各章は各年代の作品を解説する示唆に富んだエッセイより始まります。」

BobNoorda_2_347BobNoorda_3_347

「伝記やデザインの歴史書のように読むことができるこの本は、今日のデザインフィールドで働く人々にインスピレーションを与えつづける世代を描いた決定版です。先に出版されたJohn Alcorn(ジョン・アルコーン)の書籍と同様に、『Bob Noorda Design』は影響力のあるアーティストの人生やデザインをたどり、コンテンポラリーデザインの歴史を探求する書籍コレクションのひとつです。…」

moleskine.comより

02 8月 2015

インスピレーション:藤子・F・不二雄先生の「アイディアのタネ」

先日、Moleskineより新しいリミテッドエディション「ドラえもん」が発表されて、興奮した人もいるのではないでしょうか。子供の頃、ドラえもんの四次元ポケットに入っているたくさんのひみつ道具は憧れでしたから…。

それにしても、藤子・F・不二雄先生の無限の想像力と発想は日常のどこからやってきていたのでしょうか?今日は、書籍『藤子・F・不二雄の発想術』(2014年/ドラえもんルーム編/小学館)より、藤子・F・不二雄先生の言葉を引用したいと思います。

Doraemon1

「何がアイディアのヒントになるかってことは、もうまったくわからない。言いかえれば、見るもの聞くものすべてがヒントだと思う。読んでる本、見た映画、テレビ、あるいは人と話していて何かヒントが浮かぶこともある。でも、何かをヒントとしてピッと印象に残すには、やっぱりそれなりのアンテナみたいなものは、いつも張っていないとせっかくおもしろいことをスッと逃しちゃうことになる。そういうアンテナを張ることだけは、意識的なものじゃないけれど、やっぱりやっているんじゃないかと思います。」(1985年/「アニメージュ」4月号/徳間書店)

 

僕のアイディアメモには、ちょっとした思いつきが、そのまま書きとめてあります。僕は、それを「タネ」と呼んでいます。植物のタネは、将来大きく成長するための遺伝情報をしっかり包み込んで、時の来るのを待っているのです。何年も、何十年も……。
 僕のメモ帳のタネも同じです。それ自体は、ほんの小さなかたまりにすぎません。育ってみなければ、どんな木に育つのか、花が咲くのか咲かないのか。それともつまらない雑草で、すぐに枯れてしまうのか。僕にも、わからないのです。」(1990年/てんとう虫コミックス・アニメ版『映画ドラえもん のび太の宇宙開拓史(下)』小学館)

 

アイディアのタネが浮かんだとき、そのまま手帳に書きとめておくんです。時と場所を選ばず浮かびますから。そして、実際に描く段階で、手帳からタネを五つか六つ取り出して考えるんです。どうやって結論にたどりつくかは、自分でもわからないんですが、意識の深層の部分で、カチャカチャと働いて、ある組み合わせが浮かぶと、それが意識の表面にパッと出てくる。どちらかというと、ボーッとして、すべての抑制を解き放した状態のほうが浮かびやすいですね。」(1993年/「サンデー毎日」5月23日号/毎日新聞社)

28 6月 2015

『Fashion Unfolds』の新しいタイトル:Vivienne Westwood

Fashion-Unfolds_698

最近、Moleskineの『Fashion Unfolds』シリーズにVivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウェストウッド)のタイトルが加わりましたよ!日本での取扱いは未定だそうですが、ファッションデザイナーの思想や制作過程に注目したMoleskineらしい本なので紹介したいと思います。

「生地の裁断、デザイナーの技術、伝統的なシルエット・・・Moleskineの新しい本のシリーズ『Fashion Unfolds』では、ファッションの世界が取り上げられています。

本の中では、最初に描かれた1枚のスケッチや、完成作品とそれにまつわるインスピレーションなど制作プロセスの始まりから終わりまでを掲載し、一流のファッションデザイナーたちがどのような制作プロセスを追っているか紐解いていきます。数百枚におよぶイメージとファッション業界の優れたジャーナリストによる未公開インタビューやエッセイも掲載。読者はより深い視野でファッションを創造する心に触れることができます。192ページ、フルカラー、非コート紙。」

Fashion-Unfolds_Westwood_2_347Fashion-Unfolds_Westwood_347

Vivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウェストウッド)重要なコレクションの詳細、アーカイブ写真、未公開インタビューを通じて、革命的ファッションデザイナーのクリエイティブプロセスを解き明かします。制作の過程と信念の数々、そして斬新なデザインに生涯をかけたそのモチベーションなど多くの発見があるでしょう。

moleskine.comより
『Fashion Unfolds』のその他のタイトルは以前の記事

27 6月 2015

『不思議の国のアリス』誕生の背景

FullSizeRender

『Alice’s Adventure in Wonderland〜不思議の国のアリス』(1865)は、オックスフォード大学の数学者チャールズ・ラトウィッジ・ドジソンがルイス・キャロルのペンネームで書いた児童小説です。幼い少女アリスが白ウサギを追いかけて不思議の国に迷い込み、しゃべる動物や動くトランプなどさまざまなキャラクターたちと出会いながらその世界を冒険するさまを描いています。

『不思議の国のアリス』は、1862年の夏の日、キャロルが大学総長ヘンリー・リデルの娘たち3人とボートで遊んでいる最中に即興でつくって聞かせた物語がもととなっています。キャロルはこの物語を自筆挿絵も添えた手書きの本にして、次女のアリス・リデルにプレゼントしました。これが『Alice’s Adventure Under Ground〜アリスの地底めぐり』(1864)です。その傍ら、キャロルは知人たちの好評に後押しされて出版に踏み切ります。1871年には、続編『Through the Looking-Glass, and What Alice Found There〜鏡の国のアリス』が発表されました。

現在、大英図書館に所蔵されている『アリスの地底めぐり』の自筆挿絵付き手稿本は、オンラインギャラリーに展示されており、誰でも無料で読むことができます。また、大久保ゆう氏による日本語翻訳が青空文庫にも掲載されています。

参照:
Lewis Carroll (2008) “Alice’s Adventure Under Ground” British Library
Wikipedia

fig55880_39

*『不思議の国のアリス』が誕生して今年で150周年を迎えます。Moleskineは4種類の特別なノートブックを制作しこの児童文学の傑作をお祝いしていますよ!ぜひmoleskine.co.jpをチェックしてみてください。

25 5月 2015

書籍『手帳で楽しむスケッチイラスト』のご紹介

明日、5月26日に出版される書籍『手帳で楽しむスケッチイラスト<イラスト・写真・スタンプ・付箋・シールを使った活用術>』(MdNコーポレーション)に、モレスキンユーザーのみなさんのインタビューもたくさん掲載されるようですよ!モレスキナリーフレンドのげんさんが教えてくれました。

「YOKOさん、先日お話しした手帳本が発売になります。Chaiさんハヤテノコウジさんタカさんというお馴染みの方のほか、ヨシムラマリさんのページもモレスキンが登場します。私の描いたYOKOさんも載りました。遅くなりましたが、お知らせします。・・・あと、酒井葵さんのモレスキンの建築物スケッチは実物を拝見したいなと思わせてくれる内容です。おすすめの本となりました。」

手帳で楽しむ

「スマートフォンの普及によって、日々のスケジュール管理をアプリやSNSなどのデジタルで処理している人が増えてきました。その一方で、日々の生活の記録には手帳が手放せないという人も多く、愛好家が増えているという現状もあります。イラストやスタンプ、付箋などを用い、アナログな手法ながら自分なりの取り決めで日々を記録し、手帳ライフを楽しんでいる愛好家の人たち。自分でイラストを描いたり、シールや写真を貼ったりした記録は、読み返した時に分かりやすいだけでなく、見るだけでも楽しめるのが大きな醍醐味です。まるで一冊の本のように、愛着のあるオリジナル手帳になることは間違いありません。

この本は、手帳を使いこなしている達人16人から、イラストや写真、シールなどの使い方やテクニックなど、イラスト手帳の可能性を広げられる「使いこなし術」を紹介しています。その他、時間をかけなくてもすぐに描ける「イラストの描き方」やスケッチ手帳に役立つヒント集、手帳選びのために押さえておきたい「基本」をまとめたものなど盛りだくさんでお届けします。」(Amazon.co.jpの書籍説明より一部抜粋)

*私も大ファンなモレスキンユーザーのみなさんが登場するようですね、とっても楽しみです!この本を読んだ人は、ぜひ感想など聞かせて下さいね。

05 5月 2015

モレスキンノートブックを片手にミラノを散策しよう

5月1日から2015年ミラノ国際博覧会が始まりました。moleskine.comでは、これまで出版されたモレスキンアイテムの中からミラノを特集したものを紹介しています。会期中にミラノを訪ねる人はぜひ参考にして下さい。

「北イタリアの街ミラノはMoleskineのホームタウンです。私たちはサイクリングをしながらミラノ大聖堂の前を通り過ぎ、ブレラ地区でエスプレッソを1杯、あるいは、トラムで通勤するのが毎朝の日課です。今日は、EXPO2015がミラノで始まるので、この街を散策するために役立ちそうなアイテムをいくつか紹介したいと思います。」

TaccuinoMilano_347 TaccuinoMilano_2_347

SKYLINE MILANO LIMITED EDITION NOTEBOOK
ミラノをテーマにした特別な表紙デザインのルールドノートブックに、あなたの経験や思い出を書き留めましょう。スフォルツェスコ城、アルコ・デラ・パーチェ、ヴェラスカの塔といったアイコンは、ファッションやフットボールなどの地元の娯楽を表すロゴやシンボルと相まって、ミラノの美を引き立てています。観光地を巡り、通りを歩いて、あなただけのミラノをスケッチしてみて下さい。aperitivo(アペリティーボ)の時間だけはお忘れなく。

Milan_city_notebook_2_347 Milan_city_notebook_347

MILAN CITY NOTEBOOK
たくさんの観るには時間がない?ミラノシティーノートブックは、あなたが旅の計画を立てるのに役立ちます。まず、あなたが訪れてみたい店や遺跡、レストラン、バーの情報をタブ付きセクションに書き込み、別ページにあるマップを見ながらルートを確認します。このマップは、ロンリープラネット出版社から提供されMoleskineがデザインしたものです。ミラノシティーノートブックは、旅行の準備中にも、最中にも心強い旅の供となり、旅行の後には最高の記念品になってくれることでしょう。

IamMilano_2_347 IamMilano_347

I AM MILAN, CARLO STANGA
イタリア人の建築家、イラストレーター、作家であるCarlo Stanga氏と一緒にミラノの通りを散歩してみませんか?この美しい本は、彼のトレードマークでもあるフィッシュアイドローイングを通してミラノを語るものです。ほとんど知られていない歴史のかけらを発見し、ミラノの建築の中に隠されたデザインを明らかにしていきましょう。ページをめくりながら、ミラノが持つ創造、優雅、革新のDNAを感じて下さい。

moleskine.comより

*今日紹介した3冊はヨーロッパのMoleskine Storeでのみ取扱いです。あなたがミラノで過ごす時間が素晴らしいものになりますように!

from moleskine