アーカイブ

search

community info info info

15 1月 2018

文月郁葉の歌集&句集の書写ノート

2018年の新しいページはどのように始まりましたか?今年はどんな物語がページを埋め尽くすでしょうか?

まだ使い方を考えているよ、という人がいたら、文月郁葉さんのノートブックにヒントがありそうですよ。“言葉の芸術”で埋め尽くされたページは迫力大です!

ikuhahaduki1

ikuhahaduki2

「 #2017手帳お気に入りページ
手帳(ノート):モレスキン ハードカバーポケットサイズ黒

歌集&句集の書写ノートなんですが、まぁ今年書き写したページということで。読みながらただひたすら『良い……格好良い……』となりながら書き写したページです。工夫はないけど執念ならある。」

文月郁葉さんをフォローしよう!Twitter
文月郁葉さんの以前の記事

*自分が好きな歌だけが載っている、特別な本が完成です!文月さんに習って、私たちも好きな言葉をノートブックに集めてみませんか?

28 12月 2017

2018年の決意を書き込もう!ホリデーテンプレートのご紹介

MidCenturyDiagrams

仕事納めを迎えて、大掃除も終わったら、2018年の決意や目標を考えてみませんか? myMoleskine では、「新年の決意」を書き込み、モレスキンノートブックやダイアリーに貼り付けておくためのテンプレートを用意しています。

レイアウトは2種類。「Mid Century」は、毎月1つの目標を書いておくことができるレイアウトです。一方、「Diagrams」は、1年を通して達成したいことをリストしておくことができます。好きな方をダウンロードして使ってくださいね!

  1. myMoleskine > Template へアクセス
  2. Holidays Templates for 2017/18 をクリック
  3. New Year Resolutions 2018 をダウンロード

Decosphere
▲ Decosphere テンプレート

そのほかにも、ハンドメイドで遊ぶことのできるテンプレートを各種そろえています。紙、はさみ、のり、そして“手”を使って、小さなクリエイティビティを楽しんでみてください。

myMoleskine の MSK Templates

*ダイアリーの使いはじめに決意や目標を書いておくと、一年後に自分がどれくらい成長したか分かって楽しいですよ!

18 12月 2017

akikoyana のマンスリーダイアリー2018をカスタマイズ

2017 年も残すところあと 2 週間。来年のダイアリーの準備は万端ですか? モレスキナリーフレンドの akikoyana さんは、5 年間愛用しているダイアリーに、毎年恒例のカスタマイズを施したのだそうです…

「5 年目に突入、持ち歩き手帳はモレスキンのマンスリー(ラージサイズ)。見開き 1 ページに 1 ヶ月のカレンダーが書いてあって、それ以外はメモページ。土日の色が付いていないシンプルさと、1 日のマスができるだけ大きいものを探して、これに辿り着きました。

…さて。この手帳はガイドラインの色が単色グレイ、最低限の事しか書いていないので、自分で使いやすいように毎年手を入れています。だいたい定まってきたのでメモを残します。

まず、そのページの月数をしっかりわかるように、月の数字をハンコ。

akikoyana1

そして、直ぐ開けるようにマスキングテープで月のページをマーキング。…」

akikoyana2

カスタマイズのつづきを読もう!akikoyana さんのブログ
@akikoyana をフォローしよう!Twitter
akikoyana さんの以前の記事

*使い始めの一手間を惜しまずにしておくと、一年間の使い勝手が格段に変わりますよね。akikoyana さんのカスタマイズを参考にして、私たちもダイアリーのDIYを始めましょう!

24 8月 2017

らふぁのインスピレーション:ボルト選手とコーチの物語

ウサイン・ボルト選手のラストランということもあり、今年の世界陸上は盛り上がりましたね!寝不足になった人も多いのではないでしょうか。らふぁさんは、モレスキンノートブックに新聞記事の感想をまとめているのですが、最近、ボルト選手に関する記事にインスピレーションを得たそうです。

「ボルトのコーチへの感謝の一文が目にとまり、思考してみる。このコーチへのセリフから、指導者に大切なものをいくつか感じることができた。」

rafatcz

2017年8月15日(火)のページより:
“このボルトのコーチとのエピソードから見えてくる大切なことは『あきらめず相手を尊重して根気強く関わる』ということだ。ボルトが10歳の頃から指導してもらったグレン・ミルズコーチの素晴らしさは、憶測だが単に技術的なことだけではないだろう。…”

@rafatczをフォローしよう!Twitter
らふぁさんの以前の記事

*同じ記事を読んでも、どの一文に心動かされ、どんなことを考えるかは人それぞれ。自分だけの《思考の記録》をノートブックに書き残しておくのはとても有意義ですね!

04 8月 2017

kikiのカイエジャーナルで作る旅ノート

kiki1kiki2

これから夏休みの旅行に出かける人は、kikiさんの旅ノート術をぜひ参考にしてみてください。小さなカイエジャーナルが旅先では思いの外、役に立ってくれるそうですよ!

「10代の頃から海外を巡っているのですが(留学や旅行)、どうしても『地球の歩き方』などを1冊まるごと持ち歩くと重いし、町中でそういったものを広げていると観光客だとバレバレでスリなどに狙われやすいので、この方法を編み出しました。

愛用は、モレスキンカイエ。ヨーロッパ旅行にはちょうどいい感じです。(近場のアジアにはページが多すぎるかも)」

kiki3kiki4

「写真は、2013年にイタリアへ旅したときのもの。個人旅行で、夫と一緒に私の母もつれていきました。なので、私は全く同じカイエノートガイドを、母の分まで2冊も手書きしてつくりました(笑)。

必要な地図だけをコピーして貼り付けたり、重要そうなアートなどはとりあえずガイド本を見ながら手描きして写したりして知識をインプット。(イラストの下手さは、巨匠を冒涜しているわけではありません。笑)この手作りガイドが、思いのほか役に立ち、ガンガン書き込んだりもして思い出深い一冊となりました。」

kiki5kiki6

旅する前からアナログでノートを作ることにより、期待感が高まるし、いろんな情報も書くことで身に付きやすかったです。ちなみに、ローマのフィウミチーノ空港内にモレスキンショップがあり、素敵なご当地スタンプもありました!」

kikiさんの「イタリア旅行記」はブログ

*下調べをしておくと旅は何倍も楽しくなると言いますから、こういうノートはぜひ作っておきたいですね。「旅の持ち物リスト」は次回の旅行でも活用できそう!永久保存版の素晴らしい旅ノートです!

20 7月 2017

げんの横開きリポーターにL版写真を楽しむ

gen46

ノートブックに《写真》を貼って楽しむ人は、げんさんの発見にぜひ注目してみてください!

「外苑前の #写展 に行った記録をフライヤー?と気に入っていただいた向井太一氏の写真を oleノート(モレスキン、リポーター・ポケット)に貼って残す。L版写真ドンピシャで貼れる!普通のモレだと長辺がページ折り目にかかってしまう。リポーターの横開き使い、いよいよありだね!

モノクロ写真は銀座で撮ったやつ。oleノートに時々テッカテカの光沢紙に印刷した写真を貼るのもいいもんだなと思ったよ。」

@gen46をフォローしよう!Instagram
げんさんの以前の記事

*なるほど!リポーターならまるで写真集のようにページをめくることができるので、写真のつながりも途切れずに記録することができるんですね。

11 7月 2017

ヌーの小さく、軽く、シンプルな手帳スタイル

n001

「わたしの定番手帳は、モレスキンの『XSノートブック』。…これ、ものすごく小さくて、クレジットカードぐらいの大きさしかありません。縦10.5センチ×横6.5センチ。iPhone5より小さいのです。…

この手帳には、

  • 週3日のパート仕事以外の、予定や約束
  • 処理しなくてはいけないことのToDoリスト
  • 日常の覚え書き

のほか、

  • 処分したいもののリスト
  • ブログに書こうと思いついたもののメモ
  • 新聞や本を読んで控えておきたい文章の写し
  • 旅のルート妄想
  • 山歩きのコースタイム記録
  • 行きたいところリスト

などなど、わたしのありとあらゆる思い付きが書かれています。ページ分けも、カテゴリー分けもなく、ただひたすら前のページから日付を入れながら順番に書いています。

n002

「わたしは過去に何度も手帳に挫折しています。どんなにいい手帳を買っても、どんなに素敵な手帳カバーをつけても、一年間通して使い切れたことがない。

原因を考えてみて、わかりました。一般的な手帳は、どれもわたしには大きすぎる。そして、一冊のなかに『スケジュール』や『ToDo』や『メモ』や『カレンダー』などがあり、わたしの単純な頭には絶対的に複雑すぎるのです(汗)。

モレスキンのXSノートブックなら、

  • 常に持ち歩いても苦にならない小ささで、なんの機能もないただのノートページだけ
  • そこに、その時々で必要なことを、「日にち」だけを軸にして、ただひたすら前から順番に書き込んでいくだけ

わたしにはこの単純さがあっているようです。…」

全文読もう!ヌーさんのブログ
@like_a_rhinoをフォローしよう!Twitter

*何かを思いついた時に、抵抗感なくさっと開けるサイズには、人それぞれ違いがあるようです。ラージサイズでも、ポケットサイズでも、いまいち使いづらかったという人は、ヌーさんに習ってXSサイズを試してみませんか!?

05 7月 2017

さやの読書ノートより:湊かなえ著『山女日記』

モレスキンユーザーが綴る読書ノートの中には、どんな面白い本のことが記録されているのでしょう?今日は、さやさんの読書ノートより、”山に登りたくなってしまう”一冊を紹介してもらいました。

Saya

「5月頭から読書ノートを書きながら読み進め、ようやく読了しました。この作品を読んでいると、山に登りたいという欲がふつふつと湧いてきます。作品を読んでいると情景が頭の中に浮かんできて、自分の目で見てみたい!という思いを呼び起こさせてくれます。

登場人物が悩みを抱えた状態で登頂を目指すので、気持ちの変化の過程も面白いです。個人的には優等生タイプのデパート店員が主役の『槍ヶ岳』の話が好きです。

フォロワーさんから頂いたマスキングテープの中に、山っぽいデザインのものがあったので、貼ってみました:)こんなにメルヘンチックな山だったらどんなに楽しいことでしょう。」

@maple38_をフォローしよう!Instagram
さやさんの以前の記事

*本の内容に合わせたマスキングテープがページのアクセントになっていて素敵です!・・・読書ノートを作っている人は、その中からとっておきの一冊をモレスキナリーに紹介してくださいね。

17 4月 2017

坂本マリの10年前の工夫

坂本マリさんは、オリジナルマスキングテープを中心に、SIMPLE/POP/CHICをテーマにした文具や雑貨を扱うブランド「icco nico(イッコニコ)」を運営しています。最近でこそ、巷は便利な文房具で溢れていますが、坂本さんがモレスキンを愛用していた10年前は、モレスキンからダイアリーでさえ出る前だったので、手帳もノートブックに手作りしていたのだそうですよ!

MariSakamoto

「モレスキンの方眼に自作スケジュールの収まり方を試行錯誤してた2007年の。このやり方が一番ぴったりで感動したのを覚えています。この時はスタンプを使っていました。」

@icconicoをフォローしよう!Twitter

*今使っている手帳に不具合があったら、坂本さんの方法で手帳を手作りしてみませんか?10年前のアイデアが現役で活躍してくれそうですよ!

11 4月 2017

PANが愛するアナログの世界

PAN1

書店で『フレンチブルドッグ・パン さびしい夜に君を抱きしめる70の言葉』(KADOKAWA)というタイトルの本を見かけたことはありませんか?この本の著書であるPANさんも、モレスキンノートブックを愛用している一人なのだそうですよ!

「敢えて言葉にするなら、アナログのなかを生きている。記憶や感情を、言葉に置き換えようとするには、私には、書くという行為が一番。ある時は、ふと頭に浮かぶドンピシャリな言葉だったり、重すぎる現実に対する、葛藤の言葉だったり。ノートには丸ごと個人の記録が並ぶ。

そして、しばしそこに駆け込み、外の世界から耳を塞ぎ、心につかの間の安堵感を取り戻してくれる、ノートに記するという、アナログの世界。」

PAN2

「メインノートはずっと、MOLESKINE(モレスキン)のベージュ色。愛犬の色と好きな色は、一致している法則。ちびパンシールは、オンノートの目印です。

パンご飯も書いて管理することで、見えてくることがあった。ダイコンの葉を、ご好意でサービスくださったショップさん名、etc. 忘れっぽい己を戒めるためにも、明記. 笑…」

全文読もう!PANさんのブログ
@creampan2005をフォローしよう!Twitter

PAN3

*PANさんの言う通り、ノートブックに向き合う時間というのは、外の世界から耳を塞ぎ、内側の声を拾い上げる時であるように思います。PANさんの心の言葉が詰まった御本にもぜひご注目くださいね。

from moleskine