アーカイブ

search

community info info info

08 11月 2017

インスピレーション:ミルンのエッセイより『日記の習慣』

イギリスの名エッセイスト ミルンが書いた文章の中に、『日記の習慣』と題した興味深いエッセイを見つけました。日記の習慣が廃れてきたこの時世について思考をめぐらしています。

「……多数の日記は、胸躍るような経験に乏しいので、内面の冒険を書き記すことになるのだと思う。「今日ボンド通りでライオンに襲われた」と書けないにしても、せめて「今日セントポール大聖堂で疑惑に襲われた」と書くことなら可能である。大多数の人はライオンには出会わないので、何も書かないか、それともせいぜい「理髪師の硬いブラシでやられた」程度のことを書くのである。しかし、何かしら書きたいという人もいて、そういう人は内面についてなら、自分独自のことが書けるのである。

myM_MelisaSener
Image by Melisa Sener from myMoleskine

「しかし、日記をつけるあらゆる人の心には、自分の日記がいずれ公表されたらという願望があるのは勿論である。いつか未来の世代に発見され、二十世紀人は素朴なことしかしていなかった驚かれるかもしれないし、あるいは、亡くなったばかりの偉人の内面生活を知りたい願う次世代によって出版を要請されるかもしれない。一番よいのは、日記が書き手自身によって自叙伝の中で活用される場合である。

そう、日記をつけている人は将来自伝を書くことを視野に入れておかなくてはならない。自伝で、すっかり忘れていたことについて、「覚えているが」とか「はっきり覚えているが、日曜に昼食で某氏と会い、彼にこう言ったのだ」と書けるためには日記がなければならない。

何を言ったかはどうでもよい。優れた著者が老年においても素晴らしい記憶力を失わなかったと読者に思わせるのに役立てばよいのだ。」

アラン・アレクサンダー・ミルン『日記の習慣』より一部抜粋
行方昭夫 編訳『たいした問題じゃないが』(岩波文庫)

15 8月 2017

8月15日:終戦の日

GeorgiaKittyHarris
Artwork by Georgia Kitty Harris from myMoleskine

「…… チンパンジーは思いやりがあり利他的行動をとります。彼らの豊富な非言語コミュニケーションでは多岐にわたって音を使い分けます。触ったり身構えたりジェスチャーも使います。キス、抱擁、手つなぎ、背中をポンと叩く、威張り歩く、こぶしを振り回す。人間がやるようなことをして、その脈絡も同じです。仲間同士の協力も高度です。時に狩りをしますが、チームワークは大したもので、捕った獲物も分け合います。人間同様に喜び、悲しみ、恐れ、絶望といった感情を持ち合わせ、精神や肉体面の苦しみもわかっています。

… トップクラスの大学では学生が動物の感情や性格を勉強しています。チンパンジーや一部の動物は、鏡に映る姿を自分と認識できます。彼らはユーモアを理解し、それはもはや人間のみの特権ではありません。これはチンパンジーのみならず地球に共存する他の動物に対する敬意を我々は教えられているのです。……

…… 最後の木を切り倒したイースター島の人は愚か者?状況を理解していなかった?世界に存在する壊滅的な貧困を体験すれば、明日のために木を残そうとは言ってられません。今日食べるものさえ無い状態。この最後の木を売ってお金に変えれば、少しでも生き延びられるはず。あとは祈って何かを待つだけ。死から遠のくために…

こんなに残酷なんです。我々が併せ持ち、チンパンジーや他の生き物と違うと言い切れるのは、この《高度な話し言葉》です。子どもたちに身近な物事を伝えられる言葉です。ずっと昔から遠い未来の話まで、お互いに意見交換して大勢の知恵から認識を高められます。それには会話が必要、ビデオや書き言葉でもいいでしょう。なのに我々はこの偉大な力を正しく使わずに世界を壊しています。先進国ではなお悪い。愚かな行動を犯す知識を持ち過ぎているのです。……」

『ジェーン・グドール:類人猿とヒトを分かつもの』より一部抜粋

14 7月 2017

ハヤテノコウジの「国立新美術館建築ツアー」に参加して

モレスキナリーフレンドのハヤテノコウジさんが、先日の「国立新美術館 建築プレツアー」(詳細はこちら)に参加して下さいました!ツアーで学んだこと、感動したことなどを丁寧にブログにまとめて下さっているので、みなさんにぜひご紹介したいと思います。

hayatenokouji1

「今回参加したツアーは、国立新美術館のスタッフにガイドしていただき、設計者である建築家・黒川紀章氏の設計コンセプトや設備機能について学びながら、美術館の各フロアや外観、バックヤードなどを見学する内容です。利用者とアートのふれあいについて、大変考えられた仕組みになっていることがわかり、刺激を受けました。」

hayatenokouji2

「国立新美術館の最大の特徴は、コレクションを持たない美術館ということで、さまざまな企画展を行います。そのため設備は設置や移動がしやすい設計になっています。配線を床に埋める、床から空調を出して循環させる、展示アレンジしやすい壁など、美術と人の開かれた関係性を作りたいというコンセプトが設備に反映されています。

hayatenokouji

美術館にとって来館者の傘管理も重要な仕事です。約1,000本の傘が収納できる入り口付近の傘立てエリア。すごい存在感を放っています。」

hayatenokouji3

「『コーン』と呼ばれる逆円すいの建造物は、ロビーとレストランを支える柱の間に高い空間を確保するために作られました。中にはエレベーターがあり、なんとレストランのキッチンも入っています!美術館は火気厳禁なので電磁調理器が使われています。」

hayatenokouji4

「国立新美術館の10周年を記念して、モレスキンは同美術館の建築をモチーフにしたカスタムエディションノートブックを製作しました。なんと建築ツアー参加者はこちらをお土産としていただきました。驚き!アート見学レポートをまとめていこうかな。」

全文読もう!ハヤテノコウジさんのブログ
@hayatenokoujiをフォローしよう!Twitter
ハヤテノコウジさんの以前の記事

*今年の秋頃には建築ファン向けの建築ツアーが予定されているそうですよ!今年は10周年を迎えた国立新美術館の魅力を堪能しましょう!

11 7月 2017

ヌーの小さく、軽く、シンプルな手帳スタイル

n001

「わたしの定番手帳は、モレスキンの『XSノートブック』。…これ、ものすごく小さくて、クレジットカードぐらいの大きさしかありません。縦10.5センチ×横6.5センチ。iPhone5より小さいのです。…

この手帳には、

  • 週3日のパート仕事以外の、予定や約束
  • 処理しなくてはいけないことのToDoリスト
  • 日常の覚え書き

のほか、

  • 処分したいもののリスト
  • ブログに書こうと思いついたもののメモ
  • 新聞や本を読んで控えておきたい文章の写し
  • 旅のルート妄想
  • 山歩きのコースタイム記録
  • 行きたいところリスト

などなど、わたしのありとあらゆる思い付きが書かれています。ページ分けも、カテゴリー分けもなく、ただひたすら前のページから日付を入れながら順番に書いています。

n002

「わたしは過去に何度も手帳に挫折しています。どんなにいい手帳を買っても、どんなに素敵な手帳カバーをつけても、一年間通して使い切れたことがない。

原因を考えてみて、わかりました。一般的な手帳は、どれもわたしには大きすぎる。そして、一冊のなかに『スケジュール』や『ToDo』や『メモ』や『カレンダー』などがあり、わたしの単純な頭には絶対的に複雑すぎるのです(汗)。

モレスキンのXSノートブックなら、

  • 常に持ち歩いても苦にならない小ささで、なんの機能もないただのノートページだけ
  • そこに、その時々で必要なことを、「日にち」だけを軸にして、ただひたすら前から順番に書き込んでいくだけ

わたしにはこの単純さがあっているようです。…」

全文読もう!ヌーさんのブログ
@like_a_rhinoをフォローしよう!Twitter

*何かを思いついた時に、抵抗感なくさっと開けるサイズには、人それぞれ違いがあるようです。ラージサイズでも、ポケットサイズでも、いまいち使いづらかったという人は、ヌーさんに習ってXSサイズを試してみませんか!?

06 6月 2017

Chiara Aimeが描くフリーダ・カーロの肖像

”私は夢や悪夢は描きません。自分の現実を描いています。” by フリーダ・カーロ

ChiaraAime

自分の肖像画、を描くフリーダ・カーロ、を描くChiara Aimeさんの作品です。ページの中から私たちを見つめるフリーダの視線も印象的ですね。ドロステ効果のような不思議な魅力に溢れています!

Chiaraさんをフォローしよう!myMoleskine
Chiaraさんの以前の記事

*Chiaraさんはボールペン一本で絵を描くんですよ!この機会にChiaraさんの他の作品もぜひご鑑賞くださいね。

30 5月 2017

季節の詩:花はいろ

Federica
Image by Federica from myMoleskine

 

人に

花はいろ そして匂い
あなたはこころ
そして やさしさ

 

作・堀口大學『人間の歌』(1947)

22 5月 2017

限定版ノートブックより:「ブレンドコレクション」のメイキングムービー

「ノートブックは、ページの上に自分自身を織り込んでいく場所です。そして、そこに書き留めたものは、アイデア、計画、思い出、夢などを具現化したものです。ジャガード織りの表紙を特徴とする『ブレンドコレクション』は、ファブリックが生み出す豊かな手触りと複雑な色彩のブレンドが魅力のノートブックです。それはまるで私たちの思考の紆余曲折をそのまま表現しているかのよう……」

BlendCollection2017black347BlendCollection2017blue347

「新登場したヘリンボーン模様の表紙は、イタリア北部にある家族経営の繊維製造会社で織られたものです。色糸を機械で織りあげていく工程はたいへん興味深いですが、それ以上に、古くからある伝統工芸の価値についても思い出させてくれます。私たちが思い出をノートブックに大切に保存しておくのと同じように、ブレンドコレクションは過去を覚えておくことの意義を語り継いでいます。」

詳細はmoleskine.co.jp

BlendCollection2017green347BlendCollection2017red347

*ものづくりを愛する人はぜひ映像をご覧ください!数種類の色糸が折り重なって模様になっていく様子は素晴らしいですよ。きっとこのノートブックのことがもっと好きになります!

23 4月 2017

インスピレーション:しづ心なく花のちるらむ

今日は、Marikaさんのノートブックより素敵な一句を……

Marika

「散りゆく桜の情景を歌った一首をノートに記憶。」

ひさかたの 光のどけき 春の日に
しづ心なく 花のちるらむ

作・紀友則『古今集』

詩意:柔らかな春の日差しの中を、桜の花びらが散っていく。こんなにのどかな春の一日なのに、花びらはどうしてこんなに慌ただしく散っていくのか、静める心はないのか、という歌。

クリエイティビティ・チャレンジ「桜レポート」には綺麗な作品がたくさん寄せられましたよ!オンラインですがお花見を楽しんでくださいね。そして、myMoleskineメンバーの人はぜひ投票も忘れずに 🙂

16 4月 2017

インスピレーション:拝啓、サクラさく

YOKO

桜の丘の真ん中で、いるはずのないあなたを探しているのは私です。
空があんまり晴れ渡りさえぎるものひとつないものだから
あっちがあなたのいる方向と思うほうを向いて、
さっきからいっしんに目を凝らしているのです。

桜の花が咲きました。
もう、ただ
待ちつづけるわけにはいきません。

この幾百億もの花びらの中から
いちばん美しい花弁を一枚、
あなたのもとに送ります。

桜の花が咲きました。
二人の恋は咲くのでしょうか。

ふいにあなたのいないさみしさに気がついて、
あなたがいなければ生きていけないと、
あなたがいなければ生きている意味がないと。
ふいに あなたのいない空白の大きさに気がついて、
桜の花を見に来ました。

桜咲く 桜散る あなたのいない春なのに

・・・・・・

文:日暮真三
『拝啓、サクラさく』(用美社)より一部抜粋

*今年の桜を眺めながら、どんなことを想いましたか?クリエイティビティ・チャレンジ「桜レポート」にぜひ共有して下さい。詳細はmyMoleksine

28 3月 2017

インスピレーション:影から生まれる落書き

幼い頃、木の節や雲の形から色々なものを連想して遊んだ経験はありませんか?大人になった私たちですが、あの想像力はきっと今でも健在のはず!

トルコに暮らすカリグラフィーアーティスト Tolga Girginさんにヒントをもらって、私たちも久しぶりに落書きを楽しみましょう。

Tolga GirginさんのInstagram

*絵を描くのが苦手だという人にも楽しんで頂けそう…ユニークな横顔がいっぱい描けたら、ぜひモレスキナリーにも見せて下さいね!

from moleskine