アーカイブ

search

community info info info

13 8月 2018

Daniele のライブスケッチ

Daniele

「Pearl Jam(パール・ジャム)のショーの最中にライブスケッチしました」

イタリアに暮らすDaniele さんは、ローマで開催されたパール・ジャムのコンサートにとても感動したようです。

1990年代前半、シアトルを中心に従来のMTVを中心とした商業主義ロックに反抗するオルタナティブ・ロック・ムーブメントが若者の間で大流行、サウンドガーデンやニルヴァーナ等とともにグランジ・ロックと呼ばれ世界的な反響を呼びました。その中でも、パール・ジャムは当時のジェネレーションXたちの苦悩の代弁者と評され、その世代の旗手として位置づけられていました。(Wikipediaより一部抜粋)

Daniele さんをフォローしよう! myMoleskine

*今年の夏休み、ライブコンサートや夏フェスに行った人はいますか?その日ノートブックのページにはどんなことを書き留めていますか?

07 8月 2018

Bénédicte Allée の夏:シャモニーの街より

BénédicteAllée1
シャモニー、ル・ブレヴァン

シャモニーはヨーロッパの最高峰モン・ブランの麓にあるリゾート地。夏は登山、冬はスキーの拠点として、またアルプスや氷河見学の拠点として年中賑わっています。シャモニー市街では、登山服に身を包んだアルピニストたちがカフェでくつろぎ、アルプスの雪解け水がアルブ川となって街中を流れています。いかにもアルプスの玄関口といった風情が漂います。(france.frより)

今年の夏、フランスに暮らす Bénédicte Allée さんはシャモニーの街に宿をとり、トレッキングやスケッチを楽しんだようです。こちらの作品はシャモニーの谷を隔ててモンブランの反対側に連なるル・ブレヴァンを描いたものです。

BénédicteAllée2
ル・ブレヴァン、コテージからの眺め

Bénédicte さんのスケッチをもっと見よう! myMoleskine

*わたしはシャモニーの街にもアルプスにも行ったことはありませんが、Bénédicte さんのスケッチを見ていると息をのむほど美しい景色なのだろうと想像します。いつか旅してみたいです。

18 7月 2018

#IamHere チャレンジより:Wen とケアンの見張り番

myMoleskine では、毎年夏に #IamHere クリエイティビティチャレンジを開催しています。今年も早速、世界各地から写真が送られてきているようですね。例えば、カナダに暮らす Wen さんは今、アルプス山脈を歩いているようです!

Wen

「初めてアルプス山脈をハイキングしていますが、息切れしています!」

Wen さんをフォローしよう! myMoleskine
関連記事はこちら

*みなさんは今、どこを旅していますか? #IamHere チャレンジにぜひ参加してみてください!参加方法はこちら

12 7月 2018

クリエイティビティチャレンジ “I AM HERE” に参加しよう!

「夏もいよいよ本番です!今年の夏休みはどこに行きますか? #M_iamhere クリエイティビティチャレンジでは、旅行での経験や夏の旅のことをシェアしています。地球の裏側を旅する生涯をかけた夢の旅、故郷にもどり子どもの頃よく行っていた場所を再発見、ちょっとした週末のお出かけ、近所の隠れ家さがしなど…… 旅は、あなた自身であり想像力なのです!

このチャレンジに参加するには “I AM HERE” のサインが必要になります。Voyageur Template からダウンロードするか手作りし、夏に導かれて訪れる場所にそれを持っていってください。インスピレーションが湧いたり何か気になるものを見つけたら、サインと一緒に写真を撮り、#M_iamhere のタグをつけて投稿してください。

myMoleskine メンバーから多く投票された上位3名の中から、1名を優勝者に決定します。優勝者にはボックスいっぱいのモレスキンアイテムをお贈りします。……」

参加方法は myMoleskine

IamHere_sign

myMoleskine では夏休み恒例のイベントになりましたね!応募締切は8月31日(金)です。みなさんの旅先での思い出を世界中のモレスキンファンにぜひシェアしてください。

29 6月 2018

Irina Rusuの新しい小さなヘルパー

myMoleskine コミュニティでは、半年を迎えたダイアリーやノートブックの姿を募集しており、世界各国から写真が寄せられています。詳細はクリエイティビティチャレンジ「2018年の中間地点」を見てみてください。

投稿作品より、下の写真はルーマニアに暮らす Irina Rusu さんのノートブック。このペースだと、今年が終わる頃までにもう一冊は必要になるかな……?

IrinaRusu

「わたしのモレスキンはもうとっくに半分が過ぎてしまったので、小さなヘルバーを新しく手に入れました 🙂 」

Irina Rusu さんをフォローしよう!

*今年も半年が経つところですが、その間にどんな物語が生まれましたか?みなさんの物語が刻まれたモレスキンノートブックやダイアリーの姿をぜひ共有してくださいね。応募締め切りは7月8日(日)。その他詳細は myMoleskine へどうぞ

17 6月 2018

新しいクリエイティビティチャレンジ:2018年の中間地点

DavidRobson
Image by David Robson from myMoleskine

今年も半年が過ぎようとしています。myMoleskine では毎年恒例のクリエイティビティチャレンジが始まっていますよ!

「2018年の前半が終わりました。180日という月日が、何百時間という仕事が、何マイルという移動が、あなたを通り過ぎていったのです。そして、その傍らにはいつもモレスキンダイアリーがあったでしょう。

2018年の中間地点にさしかかり、あなたのダイアリーはどのように変わりましたか?摩耗したり、傷がついたり、挟んでいる紙やカードが小口からのぞいていたり、あるいは、まだ新品のように綺麗なままだったり……?

今回のクリエイティビティチャレンジでは、6カ月目を迎えたモレスキンダイアリーやノートブックの姿を見せてもらいたいと思います。myMoleskine メンバーより選ばれた上位3名の中から1名を優勝者に決定します。優勝者には、モレスキンアイテムが詰まったスペシャルパッケージをお贈りします。作品は #M_halfwaythrough のハッシュタグを付けてアップロードしてください。……」

参加の詳細は myMoleskine

*早速、応募作品が集まっていますね!この半年という節目にみなさんもぜひ参加してみてください。myMoleskine メンバーの人は好きな作品に★マークで投票するのも忘れずに!

28 5月 2018

ひろきちの読書目録ノート

chihiromi10

ひろきちさんはラージサイズのモレスキンノートブックを5年の歳月をかけて埋めつくしたそうです。ページにはいったいどんなことが書かれているのでしょう……?

「モレスキンが一冊、終わりました。2013年から始めた、私の読書記録。5年かかって一冊、終わりました。読書が好きな私が、人よりたくさん読んでると思うけど実際に何冊くらい読んでるのかなーと気になって始めました。

240ページ、30行にひたすら読んだ本のタイトルと作者を書き続けて5年。けっこうボロボロになってます。5年で約7000冊の本を読みました。←漫画や写真集や実用書なども含む。右から左のモレスキンへ交代。新しい一冊は何年でいっぱいになるかなー。」

@chihiromi10 をフォローしよう! Instagram

*なんと!この1冊に7000冊の情報が入っているとはすごいです!……みなさんの中に、何年もかけて使っているノートブックを持っている人はいますか?どんなことを書いているか、モレスキナリーにぜひ教えてください。

19 5月 2018

MOLESKINEの「School Project」より:日本大学芸術学部2018

MOLESKINE は、若き創造力と新たな才能を支援するために、世界各国の学校や団体と連携して様々なプロジェクトを開催してきました。そんな「School Project」の一環として、今年は日本大学芸術学部の学生を対象としたコンペティションが開催されました。

「MOLESKINEノートブック ラージサイズのページ数でもある「240」という数字をテーマに、学生のみなさんには、MOLESKINEノートブックを使って自由に作品を制作していただきました。

応募総数は56作品。専門分野、学年を超えて、多様なアプローチの作品が集まりました。
選考は、日本大学芸術学部教員とMOLESKINEスタッフにより行われ、最優秀賞、優秀賞、奨励賞、佳作の入選者には、日本大学芸術学部長より賞状が授与され、MOLESKINE製品が贈呈されました。

銀座ロフトのモレスキンアトリエでは、5月19日(土)から5月27日(日)まで、コンペティションの受賞作品19点すべてを展示しています。

MOLESKINEの公式 Facebook より
School Project の詳細は moleskine.co.jp へ

11 5月 2018

sora のミュージックノートブックより:ドヴォルザークのチェロ協奏曲

ドヴォルザークが好きな sora さんは、ドボコンの愛称で知られるドヴォルザークのチェロ協奏曲をミュージックノートブックに書き写しはじめたそうです。

「MOLESKINE Music Notebook にドボコンの第二楽章チェロの写譜をはじめました。メロディーの中にドヴォルザークが込めたものが少しでも見えたらと思っています。見たこともない記号が山ほど・・・道のりは長い(^^; #MOLESKINE #モレスキン 」

sora さんをフォローしよう! Twitter

sora

sora さんを夢中にさせるこの曲、ドヴォルザークが片思いの彼女への想いを込めたものだと言います。

「『チェロ協奏曲 ロ短調』第2楽章では、ドヴォルザークが若い頃に思慕を寄せていたヨセフィーナ・カウニッツ伯爵夫人(義理の姉)への想いが込められているという。ドヴォルザークは二十歳半ばの頃、金属細工商チェルマーク家の2人の娘の音楽教師を務めていた際、女優でもあった姉ヨセフィーナに恋心を抱くも失恋。彼女への恋心は、モラヴィアの詩人グスタフ・プレガー=モラフスキーの詩集に基づく歌曲集『糸杉』に表れているようだ。

ヨセフィーナは、その中の一曲『私を一人にして Laßt mich allein!』を好んで聴いていたとされ、『チェロ協奏曲 ロ短調』第2楽章では同曲が引用されている。ヨセフィーナが重病と知らされたのが引用のきっかけで、アメリカからチェコへの帰国前に既に曲は完成していたが、1895年の帰国後すぐに彼女が亡くなると、ドヴォルザークは第3楽章で歌曲の旋律が現れる4小節を60小節に拡大している。…」(worldfoldsong.com より一部引用)

*音楽を聴き、譜面を読み解き、音楽家の心に想いを馳せる・・・すてきな時間の過ごし方ですね。興味のある人は、この週末にぜひ聴いてみてください 🙂

13 4月 2018

いずパパの10年を刻むモレスキンタワー

毎日書き込む考えごとやアイデアの1つ1つは些細なので、それがいつ何に化けるのか、その日は気づかないかもしれませんね。でも、いずパパさんのようにこれまで使ってきたモレスキンノートブックを積み上げてみると、自分がいかに多くのことを考えてきたか再発見できるかもしれません。

izupapa

「愛用歴10年目を迎えるモレスキンノートブック。整理を兼ねてひとりモレスキンタワー(笑)」

@izupapa0211 をフォローしよう!Twitter
いずパパさんの以前の記事

*私たちのモレスキンタワーに記録されたアイデアの種や物語も、これからますます成長し、発展し、実現していくといいですね!

from moleskine