アーカイブ

search

community info info info

27 7月 2017

2017年の中間地点:Kathleenのモレスキンダイアリー

今年の初めに立てた計画はどこまで実現しましたか?真っさらだったノートブックやダイアリーには、どんなアイデアやエピソードが詰め込まれてきたでしょう?2017年も折り返し。このタイミングで、半分が埋まったノートブックやダイアリーの姿をじっくり眺めてみましょう……

Kathleen

こちらはアメリカに暮らすKathleenさんのモレスキンダイアリーです。ページの一枚一枚に個性が吹き込まれていますよ!

「2冊のモレスキンダイアリーを使っています。うち1冊は、2013年より前の古いもので、もう1冊は2017年版。どちらのダイアリーにも、様々な表現技法、アート、カリグラフィー、コラージュを日常的にまとめています。」

Kathleenさんをフォローしよう!myMoleskine

*現在開催中のクリエイティビティチャレンジ「2017年の中間地点」にあなたも参加しませんか?素敵な写真を撮ってmyMoleskineに共有してください。

20 7月 2017

げんの横開きリポーターにL版写真を楽しむ

gen46

ノートブックに《写真》を貼って楽しむ人は、げんさんの発見にぜひ注目してみてください!

「外苑前の #写展 に行った記録をフライヤー?と気に入っていただいた向井太一氏の写真を oleノート(モレスキン、リポーター・ポケット)に貼って残す。L版写真ドンピシャで貼れる!普通のモレだと長辺がページ折り目にかかってしまう。リポーターの横開き使い、いよいよありだね!

モノクロ写真は銀座で撮ったやつ。oleノートに時々テッカテカの光沢紙に印刷した写真を貼るのもいいもんだなと思ったよ。」

@gen46をフォローしよう!Instagram
げんさんの以前の記事

*なるほど!リポーターならまるで写真集のようにページをめくることができるので、写真のつながりも途切れずに記録することができるんですね。

18 7月 2017

#M_Banana チャレンジより:思い焦がれたバナナが・・・

限定版「ミニオンズ」ノートブックの発売を記念して myMoleskine で開催されていた #M_Banana チャレンジ。お題のバナナ飛行機を使った可愛い作品が寄せられました!今日は、応募作品の中からミニオンたちの思いが詰まった一枚を・・・

photon

「ミニオン達が飛んでいってしまったバナナを名残惜しそうに見つめているところを撮りました!」

photonさんをフォローしよう!myMoleskine

*あぁぁぁ、せっかく追いかけていたバナナが・・・でも次の瞬間にはさっと忘れて、また新たなバナナを追いかけてしまうのでしょうね!今週末には映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』がいよいよ公開されます。楽しみです!

14 7月 2017

ハヤテノコウジの「国立新美術館建築ツアー」に参加して

モレスキナリーフレンドのハヤテノコウジさんが、先日の「国立新美術館 建築プレツアー」(詳細はこちら)に参加して下さいました!ツアーで学んだこと、感動したことなどを丁寧にブログにまとめて下さっているので、みなさんにぜひご紹介したいと思います。

hayatenokouji1

「今回参加したツアーは、国立新美術館のスタッフにガイドしていただき、設計者である建築家・黒川紀章氏の設計コンセプトや設備機能について学びながら、美術館の各フロアや外観、バックヤードなどを見学する内容です。利用者とアートのふれあいについて、大変考えられた仕組みになっていることがわかり、刺激を受けました。」

hayatenokouji2

「国立新美術館の最大の特徴は、コレクションを持たない美術館ということで、さまざまな企画展を行います。そのため設備は設置や移動がしやすい設計になっています。配線を床に埋める、床から空調を出して循環させる、展示アレンジしやすい壁など、美術と人の開かれた関係性を作りたいというコンセプトが設備に反映されています。

hayatenokouji

美術館にとって来館者の傘管理も重要な仕事です。約1,000本の傘が収納できる入り口付近の傘立てエリア。すごい存在感を放っています。」

hayatenokouji3

「『コーン』と呼ばれる逆円すいの建造物は、ロビーとレストランを支える柱の間に高い空間を確保するために作られました。中にはエレベーターがあり、なんとレストランのキッチンも入っています!美術館は火気厳禁なので電磁調理器が使われています。」

hayatenokouji4

「国立新美術館の10周年を記念して、モレスキンは同美術館の建築をモチーフにしたカスタムエディションノートブックを製作しました。なんと建築ツアー参加者はこちらをお土産としていただきました。驚き!アート見学レポートをまとめていこうかな。」

全文読もう!ハヤテノコウジさんのブログ
@hayatenokoujiをフォローしよう!Twitter
ハヤテノコウジさんの以前の記事

*今年の秋頃には建築ファン向けの建築ツアーが予定されているそうですよ!今年は10周年を迎えた国立新美術館の魅力を堪能しましょう!

11 7月 2017

ヌーの小さく、軽く、シンプルな手帳スタイル

n001

「わたしの定番手帳は、モレスキンの『XSノートブック』。…これ、ものすごく小さくて、クレジットカードぐらいの大きさしかありません。縦10.5センチ×横6.5センチ。iPhone5より小さいのです。…

この手帳には、

  • 週3日のパート仕事以外の、予定や約束
  • 処理しなくてはいけないことのToDoリスト
  • 日常の覚え書き

のほか、

  • 処分したいもののリスト
  • ブログに書こうと思いついたもののメモ
  • 新聞や本を読んで控えておきたい文章の写し
  • 旅のルート妄想
  • 山歩きのコースタイム記録
  • 行きたいところリスト

などなど、わたしのありとあらゆる思い付きが書かれています。ページ分けも、カテゴリー分けもなく、ただひたすら前のページから日付を入れながら順番に書いています。

n002

「わたしは過去に何度も手帳に挫折しています。どんなにいい手帳を買っても、どんなに素敵な手帳カバーをつけても、一年間通して使い切れたことがない。

原因を考えてみて、わかりました。一般的な手帳は、どれもわたしには大きすぎる。そして、一冊のなかに『スケジュール』や『ToDo』や『メモ』や『カレンダー』などがあり、わたしの単純な頭には絶対的に複雑すぎるのです(汗)。

モレスキンのXSノートブックなら、

  • 常に持ち歩いても苦にならない小ささで、なんの機能もないただのノートページだけ
  • そこに、その時々で必要なことを、「日にち」だけを軸にして、ただひたすら前から順番に書き込んでいくだけ

わたしにはこの単純さがあっているようです。…」

全文読もう!ヌーさんのブログ
@like_a_rhinoをフォローしよう!Twitter

*何かを思いついた時に、抵抗感なくさっと開けるサイズには、人それぞれ違いがあるようです。ラージサイズでも、ポケットサイズでも、いまいち使いづらかったという人は、ヌーさんに習ってXSサイズを試してみませんか!?

09 7月 2017

クリエイティビティ・チャレンジの新しいお題:2017年の中間地点

FBTW_Halfwaythrough

モレスキンファンのみなさん、今年も人気のクリエイティビティ・チャレンジがスタートしましたよ!

「モレスキンダイアリーが中間地点に差し掛かりました。どんな気持ちが湧いてきますか?

2017年の前半が正式に終わり、180日という月日が、何百時間という仕事が、何マイルという移動距離が、あなたを通り過ぎてきたのです。そして、その傍にはいつもモレスキンダイアリーがあったでしょう。2017年の中間地点にきて、あなたのダイアリーはどのように変わりましたか?磨耗したり、傷がついたり、挟んでいる紙やカードが小口から覗いていたり、あるいは、まだ新品のように綺麗なままだったり…?

今回のクリエイティビティ・チャレンジでは、2017年の中間地点にあるモレスキンダイアリーやノートブックの姿を見せてもらいたいと思います。myMoleskineメンバーより選ばれた上位3名の中から1名を優勝者に決定します。優勝者には、モレスキンアイテムが詰まったスペシャルパッケージが贈られます。

作品は #M_halfwaythrough のハッシュタグを付けてアップロードしてください。応募締切日は2017年7月31日(月)です。…」

今すぐ応募しよう!myMoleskine

*毎年、色々なダイアリーの途中経過を覗くことができ、モレスキンファンには楽しい企画となっています!あなたのモレスキンダイアリーやノートブックの姿も写真に撮ってお送りくださいね 🙂

05 7月 2017

さやの読書ノートより:湊かなえ著『山女日記』

モレスキンユーザーが綴る読書ノートの中には、どんな面白い本のことが記録されているのでしょう?今日は、さやさんの読書ノートより、”山に登りたくなってしまう”一冊を紹介してもらいました。

Saya

「5月頭から読書ノートを書きながら読み進め、ようやく読了しました。この作品を読んでいると、山に登りたいという欲がふつふつと湧いてきます。作品を読んでいると情景が頭の中に浮かんできて、自分の目で見てみたい!という思いを呼び起こさせてくれます。

登場人物が悩みを抱えた状態で登頂を目指すので、気持ちの変化の過程も面白いです。個人的には優等生タイプのデパート店員が主役の『槍ヶ岳』の話が好きです。

フォロワーさんから頂いたマスキングテープの中に、山っぽいデザインのものがあったので、貼ってみました:)こんなにメルヘンチックな山だったらどんなに楽しいことでしょう。」

@maple38_をフォローしよう!Instagram
さやさんの以前の記事

*本の内容に合わせたマスキングテープがページのアクセントになっていて素敵です!・・・読書ノートを作っている人は、その中からとっておきの一冊をモレスキナリーに紹介してくださいね。

14 6月 2017

Pietro Cataudellaが描くデス・スターとモレスキンの夢の共演!

PietroCataudella1

「眼前に迫るデス・スター。僕のモレスキンと一緒に撮影。」

な、な、なんということでしょう!映画『スター・ウォーズ エピソード4、5、6』や『ローグ・ワン:スター・ウォーズ・ストーリー』を観た人には興奮の写真ですね!!こちらはmyMoleskineで大人気の作家、Pietro Cataudellaさんの作品です。

「映画『スター・ウォーズ エピソード6:ジェダイの帰還』より、デス・スターをライブスケッチしてみました。」

Pietroさんをフォローしよう!myMoleskine
Pietroさんの以前の記事

PietroCataudella2

*この夢のコラボレーションを実現してくれたPietroさんに拍手!!スターウォーズファンのみなさんはぜひPietroさんをフォローしてみてくださいね。

29 5月 2017

Naoto Kasahara の15年にわたる心の旅

NaotoKasahara

モレスキンタワーは、私たちの思考が刻み込まれた薄い紙を、1枚1枚積み重ねて完成する貴重なものです。うず高く積み上げられたNaoto Kasaharaさんのモレスキンタワーにはどんな思考が詰め込まれているのでしょうか?

「私は15年にわたり色々なことを考えて書き留めてきました。これは私の特別な記念碑です!」

Naotoさんをフォローしよう!myMoleskine

*あなたの記念碑もmyMoleskineに共有してみませんか?使い古したノートブックこそ私たちの宝物ですからね!

26 5月 2017

Jamie Suggが描くブリティッシュガーデン

JamieSugg

Jamie SuggさんのmyMoleskineを訪ねてみると、イギリスの庭園や田舎町の景色が一面に広がっています。5月、6月のイギリスは気候も良く、ブリティッシュガーデンが一年で一番美しく見える季節。緑のグラデーションが輝きます……

「アングルシー修道院にある庭園を小さなスケッチブックに水彩で描きました。ケンブリッジ近くにある邸宅です。」

Jamie Suggさんをフォローしよう!myMoleskine

*アングルシー修道院は12世紀に建てられもので、庭園ではマツユキソウ、ヒヤシンス、バラなどを楽しむことができるそうですよ!いつか旅してみたい場所です 🙂

from moleskine