アーカイブ

search

community info info info

10 11月 2017

ハロウィーン・チャレンジ2017より:Lidia Barraganの不気味な木

myMoleskine で現在開催中のハロウィーン・チャレンジ2017には、コミカルでダークな作品が数多く寄せられていますよ。こちらは、メキシコに暮らす Lidia Barragan さんの作品です。血色の背景に、モノクロの線画が目を引きます!

LidiaBarragan

「ジャパニーズアルバムに描いた不気味な木のシリーズです」

ハロウィーン・チャレンジ2017では、11月17日(金)まで作品を募集しています。みなさんもぜひ挑戦してみてくださいね。また、myMoleskine メンバーの方はお気に入りの作品に★マークを入れて投票をお願いします!

ハロウィーン・チャレンジ2017の詳細は myMoleskine

06 11月 2017

myMoleskine より:2017年10月「月の作家」の投票を受け付け中!

モレスキンファンの皆さんにはもうお馴染みになったでしょうか? myMoleskine コミュニティでは、過去1ヶ月に人気を博した作家を「月の作家」としてお祝いしています。今月もファイナリストが出揃いましたので、好きな作家に一票を入れてください!

myM_AAM10

「……選考方法はいたってシンプル:まず、過去1ヶ月に最も多くの作品をアップロードした作家3名を選びます。その後、みなさんの投票により優勝者が決まります。下のフォームより好きな作家1名に投票してください。

優勝者の作品はブックマークやノートブックスリーブにデザインしてお祝いしたいと思います。myMoleskine メンバーの方なら誰でもテンプレート> An Author A Month から無料でダウンロードできますので、ぜひご活用ください。

今月のファイナリスト:

2017年10月の「月の作家」を決定する投票は、2017年11月30日(木)が締め切りです。……」

今すぐ投票しよう! myMoleskine

*今月も素晴らしい作品が揃っていますよ!世界中から集まるモレスキンファンの作品を鑑賞する機会です。ぜひ投票にご参加ください!

24 10月 2017

Davis Boontharm のジャパニーズアルバムに広がるナヴィリオ運河

myM_DavisiBoontharm

日本に暮らす Davis Boontharm さんのジャパニーズアルバムを広げると……そこはもうミラノのナヴィリオ地区。かつてミラノにはたくさんの人工運河が流れており、大聖堂のドウォーモ建設にも運河を使って石材を運んでいました。今ではこのナヴィリオ地区だけに運河が残っています。

Davis さんのドローイングを鑑賞しながら、「水の都」の面影を残すナヴィリオ地区の現代の賑わいを味わいましょう。

Davis さんをフォローしよう!myMoleskine

*歴史ある地区の散策はインスピレーションに溢れていますね。あなたの心を掴んで離さない街の思い出を、モレスキナリーに聞かせてください。

22 10月 2017

Noriko Thomas のポートレートシリーズより

Noriko

今日は、イギリスに暮らす Noriko Thomas さんのノートブックより、ポートレートの作品をご紹介したいと思います。力強い視線、薄いくちびる、特徴的なヘアスタイル… 海外ドラマのファンなら誰だか分かりますよね?

Noriko さんをフォローしよう!myMoleskine
Noriko さんの以前の記事

*このポートレートに描かれている“架空の人物”ですが、実は彼もモレスキンノートブックのファン(?)のようなのです。こちらの記事も合わせてどうぞ…!

20 10月 2017

Peter Lutov の最初の1ページ

新品のモレスキンノートブックを開き最初のページを埋める時には、いつも特別な気持ちが湧いてきます。無限に広がる真っさらなぺージに緊張する人もいると思いますが、その程良い緊張感と情熱が、大傑作を生み出すこともあるようです。

こちらはロシアに暮らす Peter Lutov さんの最初の1ページです。

PeterLutov

「僕の3冊目のモレスキンの最初のスケッチです」

Peter さんをフォローしよう!myMoleskine

17 10月 2017

Adina Tudor のモレスキン水彩色鉛筆レビュー

Adina

知っている人もいるかもしれませんが、実は最近、MOLESKINE より「水彩色鉛筆セット」が登場したんですよ!どんなセットなのだろうと気になっていたのですが、myMoleskine メンバーの Adina Tudor さんが早速その色鉛筆を試してくれました。

「Moleskine から水彩色鉛筆のセットを贈ってもらいました。本当にありがとう。これがその最初のスケッチです。とても扱いやすく、塗ったところも上手にコントロールできますよ。」

Adina さんをフォローしよう!myMoleskine
Adina さんの前回の記事

*おお!色鉛筆の発色も水彩のにじみも味わい深くていいですね!他にも、この色鉛筆を使ってみた人はいますか?

10 10月 2017

yumiの紳士とアヒルが旅する世界

「最近のモレスキンまとめ。1回で2枚消費するから早めに新しいモレスキン用意しなきゃ」

東京で絵を描いているyumiさんの作品には、いつも紳士とアヒルが登場します。今日は、yumiさんがモレスキンノートブックに創造する美しい世界をお楽しみください……!

yumi1

「大切なものを貯め込んでいたら、すごく重たくなっちゃった」

yumi2

「遠い遠い夕焼け」

@yumi_d_g をフォローしよう!Twitter
yumiさんのサイトはこちら

*みなさんのノートブックにはどんな物語が綴られていますか?ページをめくると現れる架空の景色を、モレスキナリーにぜひ見せてください。

22 9月 2017

Haley Tippmannのテープスケッチ

無限に広がるマスキングテープの柄は、アーティストの新しい画材になっているようです。ニューヨーク州ロチェスターに暮らすイラストレーター Haley Tippmann さんも、手書きとテープの組み合わせを楽しんでいるようです。

Haley

「和紙テープ、マーカー、ペンを使ったスケッチです。」

Haleyさんをフォローしよう!myMoleskine

*みなさんはどんなマテリアルを使って作品を制作していますか?マスキングテープで絵を描いたことはありますか?傑作が完成しましたら、ぜひモレスキナリーに紹介してくださいね!

07 9月 2017

myMoleskineより:2017年8月「月の作家」投票を受付中!

あなたがもしモレスキンファンなら、myMoleskineコミュニティにぜひ遊びに来てください。ここには手書きを愛してやまない人、考えることが好きな人、芸術・デザイン・クラフトなどを楽しむ人が世界各地から集まっています。

AAM201708

myMoleskineコミュニティでは、一ヶ月に一度、その月に特にたくさんの作品を投稿してくれた人あるいはコミュニティメンバーから特に好評を得た作品を作ってくれた人を「月の作家」としてお祝いしています。

今月もファイナリスト3名が出揃いましたよ!優勝者を決めるのはあなたの一票です!

今すぐ投票しよう!2017年8月「月の作家」

*myMoleskineに投稿される作品を観ていると、私も自分のノートブックをこんな風に使いたい、あんな風に使いたいと思うようになります。発想のとっかかりがあればアイデアはきっと走り始めますよ!

15 8月 2017

8月15日:終戦の日

GeorgiaKittyHarris
Artwork by Georgia Kitty Harris from myMoleskine

「…… チンパンジーは思いやりがあり利他的行動をとります。彼らの豊富な非言語コミュニケーションでは多岐にわたって音を使い分けます。触ったり身構えたりジェスチャーも使います。キス、抱擁、手つなぎ、背中をポンと叩く、威張り歩く、こぶしを振り回す。人間がやるようなことをして、その脈絡も同じです。仲間同士の協力も高度です。時に狩りをしますが、チームワークは大したもので、捕った獲物も分け合います。人間同様に喜び、悲しみ、恐れ、絶望といった感情を持ち合わせ、精神や肉体面の苦しみもわかっています。

… トップクラスの大学では学生が動物の感情や性格を勉強しています。チンパンジーや一部の動物は、鏡に映る姿を自分と認識できます。彼らはユーモアを理解し、それはもはや人間のみの特権ではありません。これはチンパンジーのみならず地球に共存する他の動物に対する敬意を我々は教えられているのです。……

…… 最後の木を切り倒したイースター島の人は愚か者?状況を理解していなかった?世界に存在する壊滅的な貧困を体験すれば、明日のために木を残そうとは言ってられません。今日食べるものさえ無い状態。この最後の木を売ってお金に変えれば、少しでも生き延びられるはず。あとは祈って何かを待つだけ。死から遠のくために…

こんなに残酷なんです。我々が併せ持ち、チンパンジーや他の生き物と違うと言い切れるのは、この《高度な話し言葉》です。子どもたちに身近な物事を伝えられる言葉です。ずっと昔から遠い未来の話まで、お互いに意見交換して大勢の知恵から認識を高められます。それには会話が必要、ビデオや書き言葉でもいいでしょう。なのに我々はこの偉大な力を正しく使わずに世界を壊しています。先進国ではなお悪い。愚かな行動を犯す知識を持ち過ぎているのです。……」

『ジェーン・グドール:類人猿とヒトを分かつもの』より一部抜粋

from moleskine