アーカイブ

search

community info info info

10 10月 2015

YOKOの手帳会議:ポータブルオフィスの軽量化を目指す

YOKO3

今日は、わたしの手帳会議2016について書いてみようと思います…

「モレスキンはこれまで、プレーンノートブック(ハード、ラージ)とマンスリーダイアリー(ソフト、ラージ)の2冊セットがわたしの定番になっていました。リュックを開けば、馴染みの黒い表紙が2冊並んでいて、それにパソコンとスマートフォン、小さな缶ペンケースと、ポケットWiFiを加えれば、わたしのポータブルオフィスが完成します。

このスタイルでもう何年も過ごしていましたが、最近、急にそのスタイルを変えたい気持ちになりました。どうしてそういう気分になったかは分かりませんが、リュックを背負う生活に飽きたような、もっと工夫すれば荷物を軽くできるような…。とにかく、もっとミニマリストを追求してみたいと思ったのです。Atsushiさんの手帳会議を見習って、わたしも「自分の手帳にはどんな役割を担ってほしいか?」ということを洗い出し、2016年のモレスキンを決めたいと思いました。

わたしがモレスキンに任せたいこと:
①スケジュール全体の流れを把握したい
②毎日のタスクを書き出したい
③何でも書き込むスペースがほしい

①②③をノートブックとダイアリーにどのように分担させるか。これが鍵になりました。これまでは、①と②をマンスリーダイアリーに、③をノートブックに任せようとしてきましたが、②毎日のタスクを書くにはマンスリーは小さすぎて、結局、ノートブックに書くことが多くなっていました。それならば思い切って、①スケジュール全体の流れだけをダイアリーに任せて、②毎日のタスクと③アイデアメモをプレーンノートブックに任せよう、ということに…」

YOKO1
▲プロジェクトプランナーの表面は年間スケジュール表になっています。X軸に365日の日付が並んでいるので、Y軸をどのような項目に割り当てるか、これから考えてみます。

YOKO2
▲プロジェクトプランナーの裏面は月間スケジュール表になっています。大まかなスケジュールだけを書いていきます。

「そこで、2016年は「プロジェクトプランナー」を導入します!出張の度にその期間をマーカーでびーっと塗りつぶすのが今から楽しみです。ノートブックも思い切ってポケットサイズにすることにしました。ラージサイズのモレスキン2冊は、10月現在の時点で620gありますが、ポケットサイズ2冊にすれば220gです。わずか400gの差ですが、毎日持ち歩くことと、カバンに占めるスペースのことを考えれば、大きな違いになることでしょう。さっと取り出すアクションももっとスムースにできるようになるかなと思います。細かな使い方はこれから考えます!」

@YOKOnotesをフォローしよう!Twitter
YOKOの以前の記事はこちらこちら

*新しいモレスキンの組み合わせになると、生活が大きく変わる気がして今からワクワクします!みなさんの手帳会議の様子もぜひモレスキナリーに聞かせてくださいね!

25 9月 2015

schneuerの「ツールベルト」の使い心地

schneuer1

今日は、schneuerさんが「ツールベルト」の使い心地について聞かせてくれました。「ツールベルト」はハードカバーの表紙に差し込んで使います。ペンなどをノートブックと一緒に持ち歩くために考案されたMoleskineの収納ツールです。

…実際使い出すと、思いの外、違和感が少なく、「機能的だけど空気のような存在」になりつつあります。まず、ゴムバンドがきつく、しっかりホールドしてくれるので、ノートとの一体感があります。鞄に放り込んでおいても、ペンやペンホルダーが外れることがありません。これは意外に重要。こまめにノートを取り出す機会が増えるほど、ノートに装着しているモノが安定していないと、ストレスが溜まります。

素材や縫製もしっかりしているので、かなりラフに使用しても長期的に使えそうな感じです。ペンも太軸でも3本は挿せるので、ペンホルダーとしての用途は十分です。

サイドのジップポケットは、そこまで収納力は無く、おまけ程度に考えたほうがいいですね。とりあえず、JETSTREAMの替芯を入れています。…」

schneuer2

「実は、モレスキンポケットサイズは、しばらく使っていませんでした。しかし、今メインで使っているA5サイズノートとは別に、普段ちょこちょこと書ける小さいノートが欲しくて、久しぶりに使うことに。迷わずとりあえず何でも書く「一次ノート」として、時系列で、断片的なメモや気付き、他者からの情報、行動ログなどをカオスに書いています。言葉以外では、簡単な地図や間取りなどの地理的・空間的な情報もなるだけ記入しています。特に、駅周りや宿泊先の周辺図を書いておくと、その時の記憶が鮮明に蘇りやすいです。

また、電車内やちょっとした待ち時間に、ノートの振り返りすることもよくあります。そのとき、マーカーや付箋をよく使うのですが、それがノート自体に常備されていると、かなり効率的ですよね。

敢えて小さいサイズのノートを使う目的は、「数時間経つと忘れそうなコト」を、その瞬間に書き留めること、そして、頻繁に見返すことの2つが大きいと思います。そうやって、取り出す頻度が多くなればなるほど、邪魔にならずに機能的な「モレスキン ツールベルト」の良さが見えてくると思います。

schneuerさんのブログ
@schneuerをフォローしよう!Twitterへ
schneuerさんの以前の記事
ツールベルトの関連記事はこちら

*1日に何度も、どこでも開くモレスキンノートブックだからこそ、ペンはさっと取り出せるところにあってほしい…そう願う人のために、ツールベルトは活躍してくれそうですよ!

12 9月 2015

タンコのノートブックに手書きするのが好きな理由

tanko2

メイクアップアーティストのタンコさんは、スケジュール管理用とスケッチ用に2冊のモレスキンノートブックを愛用しています。スケッチだけでなく、スケジュール管理も手書きするこだわりはいったいどこにあるのでしょうか?タンコさんに聞きました。

「今この記事書いているスマホはもちろん、タブレット、PCなどでスケジュールや情報は共有しやすくなりました。ただ空気感というか、その時の想いまで残すことが出来るような気がして、結局ノートを選んでしまいます。Googleカレンダーにスケジュールをまとめても、なぜか忘れやすい。ノートのカレンダーに手書きだと忘れない…。そういう点で僕は結局アナログ人間なんだなと思います。

ここ数年はモレスキンをずっと愛用しています。基本は殴り書きタイプなのですが、簡単なイラスト書いたり、切り抜きを貼ったり挟んだりしても紙がヘタらないのが気に入っています。あとズボラなのでこんな感じで、とりあえず挟みまくります(笑)・・・」

タンコさんのブログ
@kopentaをフォローしよう!Twitter

tanko1

*タンコさんのように、ノートブックが持つ空気感を愛している人は他にもたくさんいるのではないでしょうか。あなたがノートブックが好きな理由もモレスキナリーにぜひ聞かせてくださいね!

07 9月 2015

Atsushiの手帳会議:自分の手帳にはどんな役割を担ってほしい?

2016年の手帳をどうしようか悩んでいる人、モレスキンノートブックをどのように使おうか試行錯誤している人へ、Atsushiさんの「ぼくの、手帳に求める役割」という文章がたいへん参考になりますよ。ぜひ全文読んでみてください!

Atsushi

「長らく手帳というものを持っていませんでした。iPhoneと情報カードさえあれば、スケジュールもタスクも管理できますし、メモをとることもできます。手帳を持たなくても、日々なんとかやりくりすることができていました。
ただ、そんな「iPhoneと情報カード」体制に、少しずつ不満というか、これは十分ではないなって感覚がわいてきました。「メモ」が少ないんです。「なんでもかんでもメモしておこうよ」と思いつつも、思うようにメモを書き散らかすことができていない。メモることへのハードルが、「iPhoneと情報カード」では少し高いみたいなんです、ぼくにとって。

そこで、ノートをポッケに入れるようになりました。すると、メモが増えてきたんですね。これについては、以前「自分にあったメモのとりかたは、試して見つけていくもん」にて書きました。ポッケに入れているのは、「Moleskine」です。そこで、欲張りなぼくは、このMoleskineに、メモ帳以外の用途も持たせよう、と考えるわけです。「手帳」として、がんばってもらおうって。

じゃあ、「手帳」っていったい何なんでしょうか?どんな役割を担う存在なのでしょうか?雑貨店にいくと、ほんとに多種多様な手帳が売っています。それらを見比べるだけで、あっちゅーまに時間が過ぎ去っていきます。手帳を見比べるのって、なんであんなに楽しいんでしょうね。手帳の種類が増えたからなのかはわかりませんが、手帳の使い方もすごく多種多様になっているように思います。スケジュール管理やタスク管理をこなす存在であったり、日々の記録を残していく媒体であったり。書き付ける内容は、十人十色。

じゃあ、自分にとって、手帳っていったいなんなのか。どんな役割を担ってほしいのか。一度はっきりさせよう、ということになりました。ちょっとね、立ち止まって考えてみたんです。考える中はっきりしてきた役割は、

  • 詳細なスケジュール管理
  • 一日分のタスクリスト
  • メモ帳

の3つでした。その3つさえ担ってくれれば、他の自分の、スケジュール管理や、タスク管理のシステムと馴染んでくれると思ったんです。・・・」

partition-300x77

「・・・ってな具合に、「手帳に何を求めるか?」を考えてみると、「手帳にメモページ」ではなく、「メモ帳に手帳ページ」な手帳が自分の求めるものだということがわかりました。そんな手帳ってあるのかしら?なさそうやな。というか、「メモ帳に手帳ページ」でいいんやったら、メモ帳として使うノートをに、自分で手帳ページを加えていけばいいではないか!ということで、メモ帳としてのノートに、手帳ページを加える方向で、自分の手帳を作ってみようとなりました。

白羽の矢が立ったのが、「Moleskine」というわけです。サイズはもちろん、常時持ち歩けるポケットサイズ。Moleskineを、自分の求める手帳に仕上げていこう、ということになりました。Moleskine手帳化計画、始動です。・・・」

全文読もう!Atsushiさんのブログ

*「手帳にメモページ」ではなく、「メモ帳に手帳ページ」な手帳・・・モレスキンファンにはこれを求めている人が多いように思いますが、みなさんどうでしょうか?私たちも自分が手帳に求める役割を考えてみませんか?

28 8月 2015

ゆかの手帳会議スタート!

yucca

今年もあちらこちらで手帳会議が始まっているようですね。自分が手帳に求める条件とこれまでの手帳経験を総合して、ベストな1冊を探しだしましょう。今日はゆかさんの手帳会議の様子を覗かせてもらいました!

「来年の手帳その1は、モレスキン18ヶ月ダイアリーポケットにしました。暮らしのことについて書き始めたモレスキンデイリーダイアリーのポケットサイズが、思ってたよりもとても使いやすくて、ビックリ!今年はいろいろな手帳を使って、試してみる年に決めてたんだけど、使ってみて初めて分かったことがたくさんありました。意外や意外、私にはこのサイズがしっくりくるんだなぁ。

本当は、2016から使い始めたかったんだけど、PEANUTS版は18ヶ月の方が表紙が好みだったので、こちらを使い始めました。ライフログとか日記とか、残したいものはたくさんあるし、使ってみたい手帳もたくさんあるのだけど、今の暮らしには、このぐらいがちょうどよいのかな?

あとは、トラベラーズノートのパスポートサイズのマンスリーは継続予定です。モレスキンデイリーダイアリーポケットを追加するかどうかは、また決めていきたいと思っています。(毎日は難しいので、日付無視で使うこと前提で…。)#moleskinejp #モレスキン #手帳ゆる友 #シグノ部 #手帳会議 」

@yucca30をフォローしよう!Instagram

*サイズ選びは特に重要ですよね。ポケットなのかラージなのか、あるいはもっと大きいスペースが必要なのか・・・。みなさんの手帳会議もぜひ聞かせてください!モレスキナリーとしてはとても興味がある話題です!

27 8月 2015

インスピレーション:ノートをとる意義

Edwardian_lady_writing_(6908558900)

東京書芸協会会長の川原世雲先生のブログに「ノートをとる意義」と題した興味深いコラムを見つけました。

「授業や会議で、板書されたものやモニターに写しだされた文字を、ノートにメモするのではなく、最近では写真にとって記録するという手法が流行しているといいます。ノートをとらない分、先生や発表者の話を聞くことに集中出来るから、というのが主たる理由です。写真機は百年以上前からあったので、メモをとるかわりに写真で板書を撮っておくことは理論的には昔から可能であったはずです。未来の世界では、授業にノートとペンはなくなってしまうのでしょうか。

人の行為に脳がどう働いているのかを知るため、麻酔から醒める過程を考えてみましょう。麻酔が醒めてきたら、まず「聞く」ということが出来るようになります。それから「話す」「読む」、そして最後に「書く」という行為が可能になります。「聞く」という行為は、他の言語活動と異なり、体の筋肉を「動かす」必要がありません。「話す」となると、口の筋肉の運動が加わってきます。さらに「読む」となると、視覚や文字認識が必要となってきます。最後に「書く」では、空間の構築性や、手の細かい運動も加わります。「書く」という行為は、脳の様々な領域を同時に動かす必要があるのです。

電車の車掌さんが、指差ししながら「発車オーライ」などと発声している場面を見かけたことはありませんか。手を動かして、しゃべっているゆとりがあったら見ることのみに集中した方がよいのでは、と考えることも出来ますが、指を使って声に出すことで、確実に仕事を遂行することができます。私は冬に灯油のストーブを使っていますが、消火しないと危ないので、車掌さんのように指差し確認で「消した、よし」、外出するときも「鍵締めた、よし」とやっています。こうすると後で「あれ、どうしたっけ」ということがなくて安心です。見るだけ、聞くだけよりも記憶に残るからです。

ノートをとるということは、記録をするという要素の外に、脳の広い範囲を賦活させて記銘するという役割もあります。ただ「聞く」だけでなく「傾聴」ともなると、よほど脳が成熟している人の技となります。便利な機械が身近に溢れる昨今だけに、文字を手で書く意義について再認識をしなければならない時節が到来していると感じています。」

東京書芸協会会長ブログ 2015年6月号より

Image “Edwardian Lady Writing” from Wikicommons

14 8月 2015

回答:たるんでしまったゴムバンドの対処法 その1

band1

先日、iDuckさんより次のような質問がありました。

「モレスキンのバンドがベロベロになりました。対処法がありましたら教えてください。」

モレスキナリーフレンドのみなさんに相談したところ3つのアイデアが出てきましたので、ひとつひとつ紹介していきたいと思います。今日はまず1つ目のアイデア、平ゴムを簡単につなぐことのできる手芸アイテムを使って、ゴムバンドの長さを調整する方法です。

道具:
ハサミ
金天馬 ゴムパッチン 8mm 黒

カスタマイズ方法:
① ゴムバンドの伸びて余計になってしまった長さ分をハサミで切って調整します。
② 切れたゴムバンドの上と下をゴムパッチンでつなぎます。

band2

*あっという間に完成しました!ゴムバンドの締り具合も調整できて良いですよ。他2つのアイデアもお楽しみに… 🙂

追記:対処法 その2その3

29 6月 2015

質問:たるんでしまったゴムバンドをどうする?

iDuckさんには次のような悩みがあります。モレスキンユーザーのみなさん、この問題に良い解決策がないか、一緒に考えてもらえませんか?

iDuck

「モレスキンのバンドがベロベロになりました。対処法がありましたら教えて下さい。#moleskine #モレスキン」

@duckfumiをフォローしよう!

*以前、ブログバーガー06さんにシンプルな対処法を教えてもらったことがあります。これ以外に、なにか良いアイデアありましたら、moleskinerie.japan@gmail.comあるいは@YOKOnotesへぜひ教えてください!

15 6月 2015

minnyのその日その瞬間の結晶

minny67_1

「思うところあって、モレ本2「モレスキン 人生を入れる61の使い方」を読み返していました。本書で紹介されている61人のモレスキンの使い方を見て、あらためて感じたこと。それは、使い手の日々のシーンを切り取ったページが連なることで、モレスキン自体が1冊の物語になること。

著者のお一人である堀正岳さんが本書冒頭で述べられているとおり、それはただの過去記録ではなく、心の動きまでも捉えた「生きたノート」なり得るということです。僕は今、スケッチという方法でモレスキンのページを生み出しています。このブログの自己紹介にあるとおり、モレスキンを僕の「感覚の結晶」にしています。」

minny67_2

「基本、スケッチは現地で描きますので、その日その時に見えた状態、感じたものをモレスキンに結晶化させます。たとえ自分が描いたものでも、あとで同じスケッチを再現、再結晶化することは不可能ですし、モレスキンに描いたものを他の環境で再制作することもしないのです。だからこそあとでモレスキンを見返したとき、その時抱いた感覚、感情、現地の人と交わした言葉、情報がより鮮明に駆け巡ります。・・・」

minnyさんのブログはこちら
@minny67をフォローしよう!
minnyさんの以前の記事はこちら

*1997年にミラノの小さな出版社がモレスキンノートブックを復刻した際、彼らはそれを「まだ書かれていない1冊の本」としてイタリアの図書館に送ったのだそうです。「まだ書かれていない1冊の本」の著者は私たちであり、その本に書かれることは私たちの物語である、と・・・minnyさんの文章を読みながら、モレスキンノートブックのスピリットを思い出していました!

06 4月 2015

まおのエッセイより:「書字中毒」と心のエンジン

そもそも、私たちはなぜこんなにモレスキンノートブックが好きなのでしょう?デジタルデバイスの発展で、大概の便利な機能が指一本で使える中、いったいどんな力が私たちをモレスキンノートブックへ向かわせているのでしょうか?

今日は、モレスキナリーフレンドのまおさんが書いた『書かずにはいられない』というエッセイを紹介したいと思います!

maou_ji

「本でも、新聞でも、そこに活字があると読まずにはいられない!という人のことを「活字中毒」と表現しますよね。これに習って、ノートでもメモでも何かしら手で書いていないと落ち着かない、書かずにはいられない!という人のことを自分の場合は、勝手に「書字中毒」と呼んでいます。私もそうなんです…。

職場でもプライベートでも、手帖やノートを出し、事あるごとに書きだすので周囲から「マメだね〜」と言われる機会が多いのですが、恐らく性格が”マメ”なのではなくて、「何か書いてないとウズウズする」という表現が一番近いのではないかと思います。字を書くとスッキリするし、気持ちいいから書いているのであって、そこに義務感はありません。後で○○の役に立つかも!というところまで考えていれば格好良いのですが、私の場合は、ほぼ考えていません(笑)

以前、習慣を身に付ける講座を受けたときに「自分が心から好き、楽しい、心地良いと感じることは脳が身体を無理に動かさなくても身体のエンジンが勝手にかかって、自動的に続けることができる」という話をお聞きしました。自分の場合も、書くことに対してエンジンがかかっているんだろうなと思います。

  • 万年筆や鉛筆の感触が気持ち良い。
  • インクの濃淡を眺めるのが好き。
  • 字がぎっしり詰まったノートや手帖を眺めるのが楽しい。
  • 紙の香りが好き。

というのが、私の場合はエンジンを動かすガソリンになっています。(マニアックですいません…)手帖やノートを愛する人は、こういうガソリン要素をたくさん持っている方が多いのではないかな〜と思っています。

なかなか手帖が続かない!とお悩みの方は書いているうちに、「ペンをシュッと走らせるのって、気持ちいいかもしれない」「書いたページ眺めるのって、楽しいかもしれない」という、何かしらのエンジンを動かす要素を発見できると、続けやすいのかもしれないな〜と思います。」

まおさんのブログはこちら
@maou_jiをフォローしよう!
まおさんの以前の記事はこちら

*「好き」という気持ちはどんな理論も越えた強い原動力になりますね。まおさんの言う通り、ノートを書くのが続かないという人は、ノート(を書く時間)を好きになる理由を見つけてみるのが一番かもしれませんよ!

from moleskine