アーカイブ

search

community info info info

31 3月 2015

Dsukeのエッセイより「手書きは無くならない。」

disk-note4

メモ魔だというDsukeさんは、食事内容、体重、一日の収支、一日の歩数、読み終えた本、見終えた映画、やることリストなどをモレスキンダイアリーに書き留めるようになって9年になるそうです。今日は、そんなDsukeさんが書くエッセイ「手書きは無くならない。」を紹介したいと思います。

「・・・最近はワタシの生活スタイルを激変させた究極のツールであるiPhoneが常に手元にあるため、一時期に比べるとメモの量が減りました。というかかなり減りました。特にメモの内容項目の歩数はもう完全にiPhone管理ですし、毎回の食事内容も写メで記録することでより鮮明にそのデータを残すことが出来るようになりました。 いつか日を改めてiPhoneについては書いてみたいと思いますが、それだけ影響力のある道具の出現にメモは追いやられてしまう恐れがあります。

しかし一方で手書きというのはワタシの感性を刺激する大切なアクションに変わりはありません。 情報を記録するということだけを見ればiPhoneはより正確にその任務を遂行してくれます。 GPS、写真、そして瞬時に世界と繋がることが可能になるという人間の機能では最早到達出来ないほどの進化を遂げたマシンが手の中に収まっているのですから、ワタシはその気になればどこまでも楽に、便利に日々の暮らしを行えるのです。」

disk-note11

「だがそこにはプラスαが足りないのです。 これは小さい頃から鉛筆を握り文字・絵を書いてきた習性がそうさせるのでしょう。 手書きだけが頭の中身を吐き出してくれる唯一の方法です。

ワタシにとって。

手書きでのメモや落書きには正確性はあまりありませんが、偶然やその時の感情に大きく左右されます。 これが後から見返した時に面白い。 変に癖のある文字や見返すと何の意味なのか思い出せない数字の羅列 誰に当てたのか不思議な指示や仕事上のやることがごちゃ混ぜ これらを俯瞰でみるとまるで一枚の絵のように見える時があります。これがまた面白い。

これからの世代はデジタルガジェットにもっと早くから触れるのでしょうからどうなるのか分かりませんが、ワタシはやっぱり手書きです。いくつかペンタブレットを使ったこともあるのですがあまり使いこなせませんでした‥

最後はメモに対する想いから少し脱線した感もありましたが、ワタシは今日もメモを取り続けることだけは分かってもらえたのではないでしょうか。」

全文読もう!Dsukeさんのブログ

*みなさんは手書きの未来についてどう思いますか?iPhoneとモレスキンノートブックでは、メモにどのような違いが現れるでしょう?・・・みなさんの意見もぜひ聞かせて下さいね!

06 2月 2015

hiromaruの毎日毎日書くということ

hiromaru1

日記をつける時、「自分の中のハードルを下げることで継続を達成する」人は多いと思います。無理をしない、書けない日があっても気にしない、など。その一方で、「365日、何がなんでも書き続ける」という経験をする人は少ないでしょう。今日は、2014年に毎日文章を書き続けたhiromaruさんの経験をみなさんと共有したいと思います。

「・・・デイリーダイアリーというのは確かにきついところはあります。毎日毎日、その日その日の空欄を埋め尽くすだけ‥‥という感覚になったりして。しかし前日がどうであろうと、また真っ白なページに向き合える。真っ白なところに書き込めるという安心感があるんです。

ダイアリーじゃなくても、普通のノートにその都度日付を入れながら1日ずつ1ページずつ積み上げていく方法もまぁなくはないですかね。でも書かないで日付を飛ばしてしまったら取り返しがつかないんだよなぁ‥‥なんて心配をするところがやたら細かい自分らしいと思うのです。ダイアリーというのは日々のスペースがしっかりと確保されている、そういう安心感なんじゃないのかなぁ。」

hiromaru2

「いずれにしても、1年続けてくると立派な一冊の本になります。中身はそれこそ徒然なるままに書き留めていることだから、ストーリー性も何もありません。思いつきで脈絡もなく何でもかんでも書いておくから検索性も極めて悪い。ただ、小説などよりもずっと奇怪である自身の事実ですから、あの日のことをまざまざと思い出させてくれてなかなかにおもしろい読み物なのです。こっそり読むからなお楽しい。

そんな1冊(数冊か)が間もなく書き上がるわけです。毎日毎日ダイアリーに向き合わないと、この日は迎えられません。たまに2日分をまとめて書くときもありますが、それが続くと自分が負けてしまうのでそこは闘いですわ。そういう波は何度もあります。そこを乗り越えると、1年間書き続けるという目標が一層強い・大きいものになる。そして大晦日の分を書き終えたら何よりの本になる。そんなノートに今年も感謝感謝なのです。・・・」

hiromaruさんのブログ
hiromaruさんの以前の記事

*「今年は365日、毎日書くぞ!」というハードルの高い目標を掲げてみるのもいいかもしれません。挫折しそうになるかもしれませんが、その分、高い達成感と、素晴らしい本を作ることができるようです!

01 2月 2015

グッチの投資に欠かせないモレスキンの記録

gucci

株式やFXをしているグッチさんは、投資のためにモレスキンノートブックを使うそうですが、どうしてパソコンではだめでしょうか?なぜ、自分の考えや思いも一緒に、モレスキンノートブックに書き留める必要があるのでしょう?興味深い意見を聞かせてもらいました・・・

「・・・現在、持っている(投資の)ポジションはすべて書き出しておきます。わたしは株やFXで口座を7つほど使っているので、どこで何を持っているのかわからなくなります(若い頃はそうでもなかったので老化現象でしょうか(笑))「ああ、こんなポジションあったんだ?」とか、「なんだ?こんな口座でロングの買いが成立したぞ?」などと冗談のような出来事が何度かありました。嬉しい誤算が多かったため良かったのですが、ヘタしたらイヤな思いをする可能性もあります。そういった事態を防ぐためにも、キチンと記録をとっていこうと考えたのが、わたしがモレスキンに投資関連のメモをとるようになったきっかけのひとつです。

「なぜ、あの時、もっと売れ(買え)なかったのか?」、「ああ、あの時、もう一歩踏み込んでいたならば」。そういった後悔は誰にでもあると思います。また、相場と相対していると数年に一回は驚くほどの変動が起きますし、一年に一回、数ヶ月に一回でもちょっとした変化があります。そういった際に感じたこと考えたことをメモすることは、とても示唆に富んでいる備忘録を作成することになります。

投資は自分との闘いでもあります。自分の思考のクセを知っておくことはとても大切です。投資先の情報収集だけではなく自分の投資行動に関する情報収集も常日頃からやっておくといいと思います。・・・」

もっと学ぼう!グッチさんのブログ
@sleepingbaby77をフォローしよう!

*なるほど、「自分の思考パターン」でさえ、客観的に把握しておくことが重要なんですね。データで溢れるフィールドにも、ノートブックの記録が欠かせないことが分かりました!

29 1月 2015

松村太郎が語る「EvernoteスマートノートブックbyMoleskine」の実力

MoleskineとEvernoteのコラボレーションによって生まれた「EvernoteスマートノートブックbyMoleskine」ですが、手書きでノートを取った後に、わざわざ写真に撮ってクラウドに保存して、タグを付けて・・・なんて手間がかかる!と思う人もいるかもしれません。そこで今日は、ジャーナリストの松村太郎さんに「EvernoteスマートノートブックbyMoleskine」の真の実力について教えてもらいましょう。

taromatsumura

「・・・しっかりとした装丁と特徴的なラバーバンド、そしてメモからスケッチまで自由に使うことができる上質な紙面。大事な紙をしまっておくポケットもあり、お気に入りのペンとこのノートだけあれば、アイディアを練ったり、プランを考えたりといった「自分ひとりの仕事」をするには十分の環境が整う。

シャープペンシルでもペンでも、モレスキンの上で滑らせてみれば、とても気持ちよいことが分かるだろう。この自由さと気持ちよさが、仕事を助けてくれる瞬間がいくつかある。

筆者はあとで活用することを前提に、なるべくメモもデジタルでとるようにしている。特に箇条書きは、手軽で素早く、しかも要素を抜き出したり、情報の流れをまとめたりするのに便利であるため、非常に多用するメモの方法となっている。ところが、文字が横と縦にしか流れていかないキーボードからの入力だけでは、どうしようもないことがある。発散するアイディアを書き表すときに、縦方向に連なっていくのでは、その順番に意味が出てしまうからだ。そうした際にモレスキンのノートを開き、自分の考えを図解しようと試みる。筆者はこんな使い方をしている。

手書きに思考を助けられたそのあとは、その図解をどうするか。モレスキンとクラウドメモアプリのEvernoteが手を組んだ理由がそこにある。手書きのメモも、デジタルの恩恵を受けようじゃないか、というわけだ。

最新のスマートフォン向けEvernoteアプリには、カメラを起動して書類を読み取るスキャナの機能がある。これを起動してモレスキンに向けて撮影すると、背景は真っ白になり、罫線はちょうど良く残り、文字がくっきりと浮かび上がる。瞬時に同期され、撮影したスマートフォンだけでなく、タブレットやパソコン、ウェブブラウザなど、どこからでも見られるように保存されるのだ。・・・」

全文読もう!松村太郎さんの記事は東洋経済オンライン
@taromatsumuraをフォローしよう!
松村太郎さんの以前の記事はこちら

*手書きであれば「図」「グラフ」を一瞬にして書くことができ、Evernoteで取り込めば文字認識機能が働いて手書きのものも検索できるようになる。モレスキンノートブックの使い心地の良さに、発想が助けられる・・・「EvernoteスマートノートブックbyMoleskine」の良さを改めて実感しました!

02 1月 2015

アーカイブ特集:年の初めに参考にしたい「日記を続けるためのコツ」

mayumi_yamazaki2014

一年の計は元旦にあり。三が日の間に、この1年をどう過ごすか考える人も多いでしょうね。今日は、「今年は毎日 日記をつけよう!」と決めた人たちを応援するために、モレスキナリーアーカイブから「日記を続けるためのコツ」を特集したいと思います。

  • 2014年2月3日:mikikoのライフログをつけ続けた1年
    まずは続ける決意を固めましょう。「書くこと」があなたの生活にどう活きてくるかは、続けてみないと分かりません。最初はページが埋まらなくても、年末にはきっと言葉が増えていきますよ!
  • 2011年12月30日:JOJOのデイリーダイアリーの締めくくり方
    文章がたくさん書けないという人は写真も一緒に貼りながら続けていくといいですね。また、1年使い続けた後に、どうやってダイアリーを締めくくるか想像しながら進めていくのも励みになります。
  • 2014年11月17日:Nakamuraのモレスキッチ2014年
    日記に何度も挫折してきた人は、もしかしたら「サイズ選び」が間違っているのかもしれません。小さな小さなダイアリーを選べば、絵日記であっても負担が軽減されるはず!
  • 2013年12月23日:ハヤテノコウジの見開き2ページでマンスリー絵日記
    「毎日1ページ」という概念からも自由になってみませんか?「毎日小さな1マス」を埋めるだけでもこんなに素敵な日記になりますよ。
  • 2012年12月18日:西田稔彦のモレスキンダイアリーが最も魅力的になる時
    モレスキンダイアリーをしっかり使い込んだ人だけが手にすることができる境地があります。真っ新なモレスキンダイアリーが渋く、味わい深くなっていく姿をイメージしながら使ってみましょう!

Image by Mayumi Yamazaki from Flickrグループ

28 11月 2014

オクシタニアの「自分軸」と「自己分析ブック」の発想

occitania1

心理学、哲学、西洋占星術など多岐にわたる研究から、「自分軸」を持って人生を生きることの大切さを伝えているオクシタニアさんは、自分軸を知る鍵として「自己分析ブック」の作り方を自由大学の講義などで教えています。今日は、オクシタニアさんが考える「自分軸」そして「自己分析ブック」について教えてもらいました。まず「自分軸」とはいったい何でしょう?・・・

「・・・スクラップは占いの情報だけでなく、興味が赴くままにテーマ別に増えていった。好きなインテリアや、美しいものを集めたスクラップは中でも自分のお気に入りだ。感性を刺激され、美意識を育てられ、磨かれた。自分自身がどんなものに惹かれるのかという傾向も見えてくる。

そして、これらを振り返るという行為が「自分軸」というものを明確に見せてくれる。集められたものが、流行の一過性のものではなく、時代を超えて、今でも私の心に響くものばかりなのである。確実に、私という人間は成長しているのに、変わらないものが見える。これが、自分軸なのである。」(オクシタニアさんのブログより)

occitania2

そして、「自分軸」を発見するために欠かせないのが「自己分析ブック」を長くつづけることだそうです。さらに教えてもらいましょう・・・

「手帳やノートを保管すること前提で使っている私が今、行きついたのが、モレスキンである。そして、スクラップとノートと別々だった記録をモレスキンのフォリオを使って1冊にまとめたもの。それが自己分析ブックである。

モレスキンの強みは、その保管に耐えうるつくりの丈夫さである。シンプルで機能的で、よりクリエイティブを発揮できること。そして、何よりも規格が変わらないこと。ピカソ、ヘミングウェイの時代から変わらない規格。これは、自己分析ブックとして、何冊も続けていくことを前提としている私としては何よりも大事なことなのである。

書いているノートとしてはいいかもしれない。しかし、書き上げたノートはもうすでにノートではなく、ブックなのである。ノートとして意味をなさないものではなく、新たにブックとして生まれ、読み継がれていくものなのである。その1巻と2巻の継続性が、1巻はハードカバーなのに、2巻が文庫版だったり、3巻がいきなり花柄になったりしたら、私の美意識的には、我慢がならんのである。もちろん、そこに意味があればいい。
そうある所以があればいい。むしろ、それがあるなら、面白い。・・・」

オクシタニアさんのブログはこちら
@09Occitaniaをフォローしよう!
オクシタニアさんの以前の記事はこちら

*ばらばらに少しずつ拾い集めた知識、経験の記憶が、わたしたち独自の思想・軸の存在を気付かせてくれるんですね・・・私たちもこれまでつけてきたモレスキンノートブックの記録を振り返り「自分軸」を探してみましょうか?

11 11月 2014

watermanの「モノ」から始まるコミュニケーションについて

Moleskine_Book-light_Reading

ビジネスパーソンにとって「覚えてもらう」ための努力は欠かせないものですが、どうやったら、自分のことをビジネス戦力としてぱっと思い出してもらえるでしょうか?・・・今日は、watermanさんのケースを紹介したいと思います!

「覚えてもらう」ことは、ビジネスではとても大切です。名刺の重要性を今さら語るつもりもありませんが、名刺は自分を覚えてもらうためのツールの代表格。・・・でも、名刺も万能ではありません。名刺のほかに、何があるのか?観察してみると、私の周囲でも印象に残るアイテムを「戦略的に」持っている人がいました。オリジナルのノート、革のクリアケース、手作りの手帳やカフスボタン、デザインが面白い付箋。思わず、「ちょっと見せて」「それ、何?」と言いたくなるような。相手にそう言わせたら、もう勝ちです。

私は万年筆を日々使っているので、その話になることも多いのですが、オリジナルで作った革の財布だったり、ココナラ(coconala.com)がプレゼントしてくれた名刺のほうが印象に残るようです。ただ、それよりも効果的なツールあったりします。それが「モレスキン(MOLESKINE)ブックライト」。

手帳に挟んでいたり、充電がてらMacBook AirのUSBポートに差し込んでいたりすると、高確率で「何?」と聞かれました。「これは使える!」と、ブックライトから好きな本の話に広げて、自分の仕事への想いや考え、好みを知ってもらい。そう、スマートなやり方ではないです。ただ、戦略的に、効果的に「モノ」を使うのは、重要な戦略だと実感しています。・・・」

watermanさんのブログ
@by_watermanをフォローしよう!

*MOLESKINEのブックライトは、2つのLEDが目のように光るキュートなアイテムなので、「これ何?」と聞いてしまう人の気持ち分かります。・・・コミュニケーションのきっかけをつかむために色々な工夫ができそうですね!

05 10月 2014

一龍が「自分に合う手帳」を見つけるまで・・・

自分に合う手帳が分からない・・・と感じている人は、この週末に、自分に合う手帳について考えてみませんか?「自分が手帳に求めるもの」を洗い出してみると、必要なフォーマットが自然に見えてくるかもしれません。例えば、一龍さんの場合、「情報を一元化する」ことを目標に、自分に合う手帳を探し出しました。

ichiryu_diary1

「・・・さて、私の現在の手帳術は複雑です。基本的に「仕事」と「ビジネス」と「プライベート」それぞれに手帳を分けていて、スケジュール管理はGoogleカレンダーと連携したiPhoneで行っています。・・・ちょうど美崎さんのこちらの本を読んで、手帳を「一元化」することの重要性を説かれていて、わたしもすごく共感。来年の手帳から「仕事」と「ビジネス」、それに「プライベート」の手帳を一元化しようと考えました。幸いスケジュール管理に神経質にならなければならないほどではないし、これまでどおりiPhoneでかんりすればいい。ということで、手を広げすぎて上手く機能しなくなっている手帳を大幅にリストラして再構成しようと考えました。

結論から先に提示すると、下の写真のような状態を目標としました。」

ichiryu_diary2

「大きめの手帳1冊とiPhoneのみという構成です。1冊の手帳で「仕事」と「ビジネス」と「プライベート」をシームレスに融合してしまう。スケジュール管理はiPhonePlus(来年購入予定、型紙で大きさのイメージをしてみる)の広い画面で。紙のノートで不都合な場合はevernoteも活用するというスタンスです。このイメージが先に固まって、来年の手帳選びに入りました。

ということで、来年の手帳選びの最優先の条件は、A5サイズのデイリータイプでした。あと、

  • 見開きがフラットになる
  • シンプルなページ構成
  • 不要なページが少ないこと
  • 丈夫であること
  • できれば週間バーチカルページもほしい

など細かい希望は多々ありましたが、とにかく選考に入りました。・・・これらを色々吟味した結果、デメリット(気に入らない点)もあるものの、総合してモレスキンのデイリーダイアリーのラージサイズが一番自分に合っているという結論に達しました。・・・」

全文読もう!一龍さんのブログはこちら
@ichiryuuをフォローしよう!
一龍さんの以前の記事はこちら

*一龍さんが言う通り、「手帳術をアレコレ考えて、それにあった手帳を毎年探すのも手帳好きの楽しみ」ですね!みなさんは、2015年にはどのモレスキンダイアリーを選びましたか?ぜひモレスキナリーに聞かせて下さい!

 

03 4月 2014

ゆのが新調!最新のカラーソフトカバー+ドットのレイアウト


つい最近、Moleskineより登場したソフトカバーのカラーノートブックですが、ゆのさんが早速使い始めたそうですよ!使い心地など聞かせてもらいましょう・・・

「・・・ノートブックを新調してしまいました。ソフトカバーのドットタイプ!!いい感じの青色です。中身はこんな感じです。スピンも同じ青色です。意外とよい色。ドットも濃すぎず、うすくもなく。プレーン大好きでしたが、なかなかよい加減です。この数カ月、生活も変わり、ノートブックの使い方を随分模索する日々が続いております。そのなかで、ぶぁーーー!っと心置きなくかける雑記帳が欲しいなぁと。今まで、持ち歩きを重視して、ポケットサイズを使うことが多かったのですが、見開きで考えごとをするとなるとやはり小さい。久しぶりにラージサイズを使うと頭の中がとてもすっきりしました。・・・」

「スケッチもどんどん練習して、創作案なんかも、このノートブックでやって、色んなことを実現していきたいです。気になる裏抜けは…太めの万年筆はやはり気になるでしょうか。わたしは書いた時点で完結してることが多く、あまり見返さないので、そこまで気になりませんが…。・・・」

全文読もう!ゆのさんの記事はNotebookers.jp

*ライフスタイルが変化する時期は、ゆのさんのようにノートブックを新調して心機一転してみるのも良いかもしれませんね。新鮮な気持ちで創作活動を再開できるかもしれません!

06 3月 2014

質問:あなたのクリエイティビティが刺激される場所は?

あなたはどんな場所に居る時、モレスキンの余白をいっぱい埋めたくなりますか?「ここに居るとモレスキンにペンがどんどん走り出す」というような場所はありませんか?あなたがモレスキンと一緒に居て最高だと思う場所や空間を写真に撮り、#mole_spaceのタグを付けて、Twitter、Instagramにアップして教えて下さい 🙂

#mole_spaceはこちら

Image from Moleskine.com/Facebook

from moleskine